ダシャクマーラチャリタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダシャクマーラチャリタ( サンスクリット語: दशकुमारचरित )は、インドの古典サンスクリット文学の伝奇小説日本では『十王子物語』という題名で知られる。作者はダンディンで、7世紀に書かれたとされる。

3編14章の構成をとる。最初の5章は序編または前編と呼ばれ、次の8章には編名がなく未完になっている。中断された8章を完結させたものを後編と呼ぶが、ダンディンが書いた部分は後編8章のみとされている。物語の構想は、現存しないグナーディヤの大説話集『ブリハット・カター (Brihatkathaから採られたという説があり、ソーマデーヴァの『カター・サリット・サーガラ (Kathasaritsagaraの内容と共通点が多い。また、仏教説話集ジャータカと同類の逸話が収録されており、枠物語の展開も見られる。

内容は十人の貴公子の冒険物語であり、マガダ国のラージャバーハナ王子を中心に展開される。古代中期インドの社会が描かれており、さまざまな階層の登場人物、当時盛んだった都市国家の商業、人生の三願「徳(ダルマ)・財(アルタ)・愛(カーマ)」などが題材とされている。

日本語訳[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 田中於菟弥『十王子物語』解説

関連項目[編集]

外部リンク[編集]