ダゴベルト1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダゴベルト1世

ダゴベルト1世(Dagobert I, 603年 - 639年1月19日)は、メロヴィング朝の4代目の国王クロタール2世の長男。

子供はナンティルドとの間にはクロヴィス2世Regintrud(夫はアギロルフィング家のバイエルン部族公 テオド2世)が、 ナンティルドとは別の女性との間にシギベルト3世がいる。

生涯[編集]

父のクロタール2世は613年アウストラシアブルグント王国の王位を手に入れ、フランク王国を統一。623年父によってアウストラシア王に任命。

629年に父が死去したため、ネウストリアとブルグントの王位を継承。異母兄弟のカリベルト2世へはアキテーヌを与えた。カリベルト2世は632年に死去、彼の息子はダゴベルトの命令により暗殺された。

631年 スラヴ王であるサモSamo)の軍隊と戦ったが(ヴォガスティスブルクの戦い)、敗れた。

634年 シギベルト3世がアウストラシア分王国の王となり、639年にダゴベルトが亡くなった時にクローヴィス2世が継承したのは、ネウストリアとブルグントの王位であった。

聖ドニを讃え、サン=ドニ修道院を創立したり、 ドイツで最も古い城とされているAltes Schlossをメーアスブルクに築城した。

先代:
クロタール2世
フランク国王
第4代:629年 - 639年
次代:
クロヴィス2世