ダコタ準州選出のアメリカ合衆国下院議員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1861年から1889年まで、ダコタ準州(後のノース・ダコタサウス・ダコタモンタナの各州、及びアイダホワイオミング、及びネブラスカの各州の一部)は、投票権なき議員をアメリカ合衆国下院に送り込んだ。

後に、準州の一部はアイダホ準州ワイオミング準州、及びネブラスカ準州とに分割された。残る部分は1889年11月2日に、新設の州であるノース・ダコタ州とサウス・ダコタ州とに分割された。

議会 氏名
第37議会
(1861年-1863年)
ジョン・ブレア・スミス・トッド民主党
第38議会
(1863年-1865年)
ウィリアム・ジェイン
ジョン・ブレア・スミス・トッド民主党
第39議会
(1865年-1867年)
ウォルター・アットウッド・バーリー共和党
第40議会
(1867年-1869年)
第41議会
(1869年-1871年)
サロモン・ルイス・スピンク共和党
第42議会
(1871年-1873年)
モウズィズ・キンボール・アームストロング民主党
第43議会
(1873年-1875年)
第44議会
(1875年-1877年)
ジェファソン・パリッシュ・キッダー共和党
第45議会
(1877年-1879年)
第46議会
(1879年-1881年)
グランヴィル・ゲイロード・ベネット共和党
第47議会
(1881年-1883年)
リチャード・フランクリン・ペティグルー共和党
第48議会
(1883年-1885年)
ジョン・ボールドウィン・レイモンド共和党
第49議会
(1885年-1887年)
オスカー・シャーマン・ギフォード共和党
第50議会
(1887年-1889年)
第51議会
(1889年3月4日-1889年11月2日
ジョージ・アーサー・マシューズ共和党