ダグ・ジョーンズ (右投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグ・ジョーンズ
Doug Jones
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 インディアナ州レバノン
生年月日 1957年6月24日(56歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年
初出場 1982年4月9日
最終出場 2000年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダグ・ジョーンズDouglas Reid Jones , 1957年6月24日 - )はアメリカ合衆国インディアナ州レバノン出身の野球選手投手)。

通算で303セーブを記録。その内、インディアンスでは通算129セーブを記録し、2006年5月7日にボブ・ウィックマンによって更新されるまで球団記録だった[1]

経歴[編集]

1982年4月9日ミルウォーキー・ブルワーズでメジャーデビュー。1985年4月3日クリーブランド・インディアンスヘ移籍。1986年に4年ぶりにメジャーで登板し、1988年には37セーブを記録し、オールスターに初めて選出された。1990年には自己最多の43セーブを記録し、1995年ホセ・メサが46セーブを記録するまでの球団記録だった[2]1991年はシーズン途中に4年ぶりにマイナーで登板をした。9月にメジャー復帰後は先発投手を務めた。36試合の登板で、防御率5.54・7セーブの成績でシーズンを終えた。

シーズン終了後にFAとなったジョーンズは、1992年1月24日ヒューストン・アストロズと契約。1992年は自己最高となる80試合に登板し、防御率1.83を記録したが、1993年は71試合の登板で防御率4.54と成績が悪化。シーズン終了後にはクローザーのミッチ・ウィリアムスとのトレードでジェフ・ジューデンとともにフィラデルフィア・フィリーズヘ移籍。

1994年は、フィリーズで47試合に登板し、防御率2.17・27セーブを記録。1995年ボルチモア・オリオールズで52試合に登板し、防御率5.01・22セーブを記録。1996年はシーズン半ばにシカゴ・カブスからミルウォーキー・ブルワーズへ移籍し、通算で52試合に登板し、防御率4.22・3セーブを記録。1997年は75試合の登板で、防御率2.02・36セーブを記録し、ダン・プリーサックが1989年に記録した33セーブの球団シーズン最多セーブ記録を更新[3]

1998年7月23日エリック・プランクとのトレードでクリーブランド・インディアンスへ移籍し、シーズン終了後にFAとなったジョーンズはオークランド・アスレチックスと契約。1999年9月11日デビルレイズ戦で史上11人目となる通算300セーブを達成[4]2000年を最後に現役を引退。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 MIL 4 0 0 0 0 0 0 0 -- -- 14 2.2 5 1 1 0 0 1 0 0 3 3 10.13 2.25
1986 CLE 11 0 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 79 18 18 0 6 1 1 12 0 0 5 5 2.50 1.33
1987 49 0 0 0 0 6 5 8 -- .545 400 91.1 101 4 24 5 6 87 0 0 45 32 3.15 1.37
1988 51 0 0 0 0 3 4 37 -- .429 338 83.1 69 1 16 3 2 72 2 3 26 21 2.27 1.02
1989 59 0 0 0 0 7 10 32 -- .412 331 80.2 76 4 13 4 1 65 1 1 25 21 2.34 1.10
1990 66 0 0 0 0 5 5 43 -- .500 331 84.1 66 5 22 4 2 55 2 0 26 24 2.56 1.04
1991 36 4 0 0 0 4 8 7 -- .333 293 63.1 87 7 17 5 0 48 1 0 42 39 5.54 1.64
1992 HOU 80 0 0 0 0 11 8 36 -- .579 440 111.2 96 5 17 5 5 93 2 1 29 23 1.85 1.01
1993 71 0 0 0 0 4 10 26 -- .286 381 85.1 102 7 21 6 5 66 3 0 46 43 4.54 1.44
1994 PHI 47 0 0 0 0 2 4 27 -- .333 226 54 55 2 6 0 0 38 1 0 14 13 2.17 1.13
1995 BAL 52 0 0 0 0 0 4 22 -- .000 211 46.2 55 6 16 2 2 42 0 0 30 26 5.01 1.52
1996 CHC 28 0 0 0 0 2 2 2 -- .500 143 32.1 41 4 7 4 1 26 0 0 20 18 5.01 1.49
MIL 24 0 0 0 0 5 0 1 -- 1.000 139 31.2 31 3 13 2 2 34 1 0 13 12 3.41 1.39
'96計 52 0 0 0 0 7 2 3 -- .778 282 64 72 7 20 6 3 60 1 0 33 30 4.22 1.44
1997 75 0 0 0 0 6 6 36 -- .500 307 80.1 62 4 9 1 3 82 2 0 20 18 2.02 0.88
1998 46 0 0 0 0 3 4 12 -- .429 239 54 65 15 11 1 4 43 0 0 32 31 5.17 1.41
CLE 23 0 0 0 0 1 2 1 -- .333 133 31.1 34 2 6 3 0 28 0 1 12 12 3.45 1.28
'98計 69 0 0 0 0 4 6 13 -- .400 372 85.1 99 17 17 4 4 71 0 1 44 43 4.54 1.36
1999 OAK 70 0 0 0 0 5 5 10 -- .500 430 104 106 10 24 3 3 63 2 0 43 41 3.55 1.25
2000 54 0 0 0 0 4 2 2 -- .667 319 73.1 86 6 18 4 2 54 1 0 34 32 3.93 1.42
通算:16年 846 4 0 0 0 69 79 303 -- .466 4754 1128.1 1155 86 247 53 39 909 18 6 465 414 3.30 1.24

脚注[編集]

  1. ^ Hill, Justice B. (2006年5月7日). “Consistent Wickman claims saves mark” (英語). MLB.com. 2010年7月24日閲覧。
  2. ^ Associated Press (1995年9月15日). “Yankees tie Mariners in wild race” (英語). St. Petersburg Times. http://news.google.co.jp/newspapers?id=sx0MAAAAIBAJ&sjid=OV0DAAAAIBAJ&pg=6665,4864009&dq=doug-jones 2010年7月24日閲覧。 
  3. ^ Angels Keep Hopes For Post-Season Alive” (英語). The New York Times (1997年9月20日). 2010年7月24日閲覧。
  4. ^ Milton Tosses No-Hitter Against Young Angels” (英語). The New York Times (1999年9月12日). 2010年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]