ダグラス・A・ザンビェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグラス・A・ザンビェック
Douglas A. Zembiec
Zembiec-fallujah.jpg
第一次ファルージャの戦い英語版時のザンビェック。(2004年4月8日、当時大尉
渾名 「ファルージャの獅子」(Lion of Fallujah)[1][2]
「弁解無き戦士」(Unapologetic Warrior)[3]
生誕 1973年4月14日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州ケアラケクア英語版
死没 2007年5月11日(34歳)
イラクの旗 イラク バグダード
所属組織 アメリカ海兵隊
軍歴 1995年 – 2007年
最終階級 少佐(Major)
墓所 アーリントン国立墓地
テンプレートを表示

ダグラス・アレクサンダー・ザンビェック(Douglas Alexander Zembiec, 1973年4月14日 - 2007年5月11日)は、アメリカ合衆国軍人アメリカ海兵隊の隊員で、イラク戦争(「イラクの自由」作戦)の最中に戦死した[4]。彼の名は第一次ファルージャの戦い英語版(「慎重な解決」作戦)での活動について特に知られ、ビング・ウェスト英語版の著書『No True Glory: A Front-line Account of the Battle of Fallujah』でも言及されているほか、ザンビェックの死後ウォール・ストリート・ジャーナル紙が掲載した記事でも触れられている[5]。最終階級は少佐

経歴[編集]

若年期[編集]

1973年、ハワイ州ケアラケクアに生まれる。ニューメキシコ州アルバカーキラ・クエバ・ハイ・スクール英語版に通い、在学中の1990年から1991年まで高校生レスリングの州チャンピオンだった。ザンビェックは大学生レスリングでも記録を残しており、全米大学体育協会(NCAA)の最優秀選手(All-American)にも2度選ばれた[6]。彼は非常に握力が強かった為、レスラー時代の友人には「蛇」(The Snake)の異名で呼ばれていた。

その後、レスラーとしての成績を評価され海軍兵学校へと進んだ。1995年3月31日に卒業すると海兵隊少尉に任官し、以後コソボ紛争アフガン紛争イラク戦争などに従軍した[7]

軍歴[編集]

任官後、基本術科学校英語版および歩兵将校教練を完了したザンビェックは、1996年4月より第6海兵連隊第1大隊の小銃小隊長の任についた。1997年6月には武装偵察課程(Force Reconnaissance indoctrination)に合格してノースカロライナ州キャンプ・レジューン英語版の第2武装偵察中隊に転属する。彼は同中隊で2年間の小隊長勤務、半年間の臨時中隊長勤務、1ヶ月の作戦士官勤務を行った。

1999年6月、ザンビェックの偵察小隊はコソボ紛争における国際安全保障部隊(KFOR)に参加し、戦地へと派遣された。

2000年9月、バージニア州フォート・ストーリー内の水陸両用偵察学校(Amphibious Reconnaissance School, ARS)に移り、副官(Assistant Officer-In-Charge)として2年間勤務した。2001年、テレビ番組『Eco Challenge: US Armed Forces Championship』にチーム・フォース・リーコン・ロールス・ロイス(Team Force Recon Rolls Royce)の隊長として出演した。

2003年5月、バージニア州クアンティコの遠征戦学校(Expeditionary Warfare School)に入校。卒業後の2003年7月より第1海兵師団第1海兵連隊英語版第2大隊英語版E中隊の中隊長に任命された。

2004年、「慎重な解決」作戦(第一次ファルージャの戦い英語版)に参加する。彼はこの戦いで168名の海兵および水兵を率い、ファルージャにおける最初の地上戦を戦った。その後、銀星章、Vデバイス付銅星章、2つの名誉戦傷章などを受章したザンビェックは、「ファルージャの獅子」という渾名で知られるようになる。

2004年11月、第1特殊作戦訓練グループ(1st Special Operations Training Group, 1st SOTG)の補助作戦士官となる。同部隊ではイラクへの派遣を控えていた第13海兵隊遠征部隊英語版に対して市街戦等の訓練を行っていた。2005年6月10日、海兵隊司令部の地域支援部に移る。2005年7月1日、少佐に昇進。

戦死[編集]

ザンビェックの棺

2007年5月11日、4度目のイラク派遣の折のバグダード攻撃作戦において、ザンビェックは小火器による銃撃を受けて戦死した。彼はイラク治安部隊の訓練を担当しており、戦死した時にもイラク部隊を率いていたという[8]。友軍部隊の報告によれば、ザンビェックは薄暗い路地裏を捜索する際、部隊に伏せるように警告し、その直後に撃たれたのだという。最初のラジオ報道では「5名負傷、1名殉教」(five wounded and one martyred)と報じられ[9]、ザンビェック少佐が部下に警告を発して彼らの命を救い、そして戦死した旨を伝えた。2007年5月16日、海軍兵学校礼拝堂英語版で開かれた合同葬儀にてアーリントン国立墓地に葬られた。彼の墓は海軍兵学校の同期だったミーガン・マクラング英語版少佐の墓の近くに置かれた。マクラングはイラク戦争において最初に戦死した海兵隊の女性士官であり、また海軍兵学校の歴史上初めて戦死した女性卒業生であった。

2007年7月、当時の国防長官ロバート・ゲーツがスピーチの中でザンビェック少佐の死に触れた。この際、ゲーツは政府高官としては珍しく、非常に感情的な様子であったという[10]。2007年9月、ウォール・ストリート・ジャーナル紙がザンビェックに関する記事を掲載した。NCAAはザンビェックに対する2008年度のNCAAアワード・オブ・ヴァロー(Award of Valor)の授与を発表した[11]。2008年1月、イラク多国籍軍英語版(MNF-I)司令官デヴィッド・ペトレイアス将軍はバグダード国際空港キャンプ・ヴィクトリー英語版内に設置されたヘリパッドにザンビェックの名を関する旨を発表した[9]

ヘンダーソン・ホール英語版のプールには彼の名が冠されている[12]

受章[編集]

ザンビェックは以下の勲章等を受章している。

Silver Star ribbon.svg 
V
 
Gold star
Gold star
Gold star
Combat Action Ribbon.svg
Navy Unit Commendation ribbon.svg
Bronze star
KosovoRib.svg
Iraq Campaign ribbon.svg
Global War on Terrorism Expeditionary ribbon.svg
Global War on Terrorism Service ribbon.svg
Humanitarian Service ribbon.svg
Bronze star
Bronze star
NATO Medal w Służbie Pokoju i Wolności BAR.svg
1段目 銀星章 Vデバイス英語版銅星章英語版 5/16インチ星章英語版付き名誉戦傷章
2段目 5/16インチ星章付海軍・海兵隊称揚章英語版 5/16インチ星章付海軍・海兵隊業績章英語版 戦闘行動章英語版 海軍称揚部隊章英語版
3段目 従軍星章英語版国防従軍章英語版 コソボ戦線記念記章英語版 イラク戦線記念記章英語版 国際対テロ戦争遠征章英語版
4段目 国際対テロ戦争従軍章英語版 人道支援勤務記念記章英語版 2個従軍星章英語版海軍海上勤務配置記章英語版 NATO記念記章コソボ章英語版

参考文献[編集]

  1. ^ Siegel, Andrea F. (2007年5月14日). “Famed 'Lion of Fallujah' dies; Major Douglas A. Zembiec, a decorated Annapolis-area Marine known throughout the corps for his valor, killed in battle Friday”. Baltimore Sun (reprinted by ArlingtonCemetery.net). http://www.arlingtoncemetery.net/dazembiec.htm 2009年1月1日閲覧。 
  2. ^ Olson, Bradley (2007年10月8日). “In death, 'Lion of Fallujah' still inspires; Academy grad epitomized bravery, integrity, sacrifice”. Baltimore Sun: p. A1. オリジナル2007年10月30日時点によるアーカイブ。. http://pqasb.pqarchiver.com/baltsun/access/1360178841.html?dids=1360178841:1360178841&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Oct+8%2C+2007&author=Bradley+Olson&pub=The+Sun&desc=IN+DEATH%2C+%60LION+OF+FALLUJAH%27+STILL+INSPIRES 
  3. ^ Perry, Tony (2004年8月22日). “The unapologetic warrior;In Iraq, a Marine Corps captain is living out his heart's desire”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-soldier-archive12may12,0,953488,full.story?coll=la-home-center 
  4. ^ Oliva, Gunnery Sgt. Mark (2007年5月19日). “Lion of Fallujah is laid to rest”. Marine Corps News (Marine Corps Base Camp Pendleton Public Affairs Office: United States Marine Corps). http://www.marines.mil/units/mciwest/basecamppendleton/Pages/2007/Lion%20of%20Fallujah%20is%20laid%20to%20rest.aspx 2008年12月1日閲覧。  [リンク切れ]
  5. ^ West, Bing (2007年9月12日). “Our New National Divide”. Wall Street Journal. http://opinionjournal.com/extra/?id=110010592 
  6. ^ McKindra, Leilana (2007年11月9日). “Valor, Inspiration Award winners lead by example”. NCAA News (NCAA.org). オリジナル2011年6月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110611110948/www.ncaa.org/wps/portal/newsdetail?WCM_GLOBAL_CONTEXT=/wps/wcm/connect/NCAA/NCAA+News/NCAA+News+Online/2007/Association-wide/Valor,+Inspiration+Award+winners+lead+by+example+-+11-05-07+-+NCAA+News 2009年2月15日閲覧。 
  7. ^ “Maj. Douglas Zembiec”. Heroes in the War on Terror (U.S. Department of Defense). http://www.defenselink.mil/heroes/profiles/zembiecD.html 2008年12月1日閲覧。 
  8. ^ Warden, James (2008年2月2日). “Helipad renamed to honor Marine”. Stars and Stripes. http://www.stripes.com/article.asp?section=104&article=59579&archive=true 
  9. ^ a b Rubin, Alissa J. (2008年2月1日). “Comrades Speak of Fallen Marine and Ties That Bind”. New York Times. http://www.nytimes.com/2008/02/01/world/middleeast/01iraq.html?_r=1&ref=middleeast&oref=slogin 
  10. ^ Remarks as Delivered by Secretary of Defense Robert M. Gates”. DefenseLink. Marine Corps Association Annual Dinner, Arlington, VA: U.S. Department of Defense (2007年7月18日). 2008年12月16日閲覧。
  11. ^ “NCAA Announces Recipients of 2008 Award of Valor and Inspiration Award” (プレスリリース), NCAA, (2007年11月5日), オリジナルの2007-11-05時点によるアーカイブ。, http://www.ncaa.org/wps/ncaa?ContentID=5856 
  12. ^ swimming pool

外部リンク[編集]

Bibliography
Web