ダウン・オン・ジ・アップサイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダウン・オン・ジ・アップサイド
サウンドガーデンスタジオ・アルバム
リリース 1996年5月13日日本の旗
1996年5月21日アメリカ合衆国の旗
録音 ワシントン州シアトル Studio Litho, Bad Animals Studio
ジャンル グランジ
時間 65分57秒
レーベル A&Mレコード
プロデュース サウンドガーデン、アダム・キャスパー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オーストラリア[1]、ニュージーランド[2]
  • 2位(アメリカ[3]
  • 3位(スウェーデン[4]
  • 4位(フィンランド[5]
  • 6位(ノルウェー[6]
  • 7位(イギリス[7]
  • 12位(オーストリア[8]、オランダ[9]
  • 15位(ドイツ[10]
  • 18位(ベルギー・フランデレン地域[11]
  • 19位(ベルギー・ワロン地域[12]
  • 20位(スイス[13]
  • 31位(日本[14]
  • 44位(フランス[15]
ゴールド等認定
  • プラチナ(RIAA
サウンドガーデン 年表
スーパーアンノウン
(1994年)
ダウン・オン・ジ・アップサイド
(1996年)
キング・アニマル
(2012年)
テンプレートを表示

ダウン・オン・ジ・アップサイド』(Down on the Upside)は、サウンドガーデン1996年に発表した5作目のスタジオ・アルバム(メジャー・デビュー後としては4作目)。サウンドガーデンは、本作を最後に一度解散した。

解説[編集]

バンドの母国アメリカでは、前作『スーパーアンノウン』(1994年)に続く1位獲得は果たせなかったが、Billboard 200で最高2位に達し、バンドにとって2作目の全米トップ10アルバムとなって[3]、1996年8月にはプラチナ・ディスクに認定された[16]。収録曲「プリティ・ヌース」は、第39回グラミー賞の最優秀ハード・ロック・パフォーマンス部門にノミネートされた[17]

オーストラリアでは、6曲入りのボーナス・ディスク『Down Under on the Upside』を追加したCD2枚組のヴァージョンも発売された[18]

本作発表後の1996年6月27日から8月4日にかけて、バンドはロラパルーザに出演した[19]。本作に伴うツアーのライヴ音源を、サウンドガーデンにとって初のライヴ・アルバムとして発表する計画もあったが、バンドはその前に解散してしまい、再結成後の2011年にようやく、1996年のライヴ音源を収録したアルバム『Live on I-5』が発表された[20]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はクリス・コーネル作詞・作曲。

  1. プリティ・ヌース - "Pretty Noose" - 4:12
  2. ライノソー - "Rhinosaur" (Chris Cornell, Matt Cameron) - 3:14
  3. ゼロ・チャンス - "Zero Chance" (C. Cornell, Ben Shepherd) - 4:18
  4. ダスティ - "Dusty" (C. Cornell, B. Shepherd) - 4:34
  5. タイ・コッブ - "Ty Cobb" (C. Cornell, B. Shepherd) - 3:05
  6. ブロウ・アップ・ジ・アウトサイド・ワールド - "Blow Up the Outside World" - 5:46
  7. バーデン・イン・マイ・ハンド - "Burden in My Hand" - 4:50
  8. ネヴァー・ネイムド - "Never Named" (C. Cornell, B. Shepherd) - 2:28
  9. アップルバイト - "Applebite" (C. Cornell, M. Cameron) - 5:10
  10. ネヴァー・ザ・マシーン・フォーエヴァー - "Never the Machine Forever" (Kim Thayil) - 3:36
  11. タイター&タイター - "Tighter & Tighter" - 6:06
  12. ノー・アテンション - "No Attention" - 4:27
  13. スウィッチ・オープンズ - "Switch Opens" (C. Cornell, B. Shepherd) - 3:53
  14. オーヴァーフローター - "Overfloater" - 5:09
  15. アン・アンカインド - "An Unkind" (B. Shepherd) - 2:08
  16. ブート・キャンプ - "Boot Camp" - 2:59

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

  • アダム・キャスパー - ピアノ(on 9.)

脚注[編集]