ダウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダウルAd-Dawr الدور)は、イラクサラーフッディーン県にある村。ドゥールAd-Dur)とも表記する。[1]

2003年12月13日イラク戦争赤い夜明け作戦英語版においてサッダーム・フセインが逮捕された時、フセインが隠れていた場所として知られている。

2014年6月ISILの侵攻を受け、支配下に入る[2]

2015年3月2日イラク軍がサラーフッディーン県で空爆支援を受ける約3万人の兵士と民兵を投入した大規模な奪還作戦を開始し、ティクリート、ダウル、アラムの3ヵ所の戦線に進軍[3]

2015年3月8日、イラク軍がダウル中心部をISILから奪還[4][5]。9ヵ月ぶりにイラク支配下に戻った[4][5]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www2.ncc.u-tokai.ac.jp/suzuki/Hyouki/Iraq2006-7.html イラクの地名の表記
  2. ^ “ISISがイラクの勢力図を塗り替えつつある”. ハフィントン・ポスト. (2014年6月26日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/26/how-isis-is-redrawing-iraqs-map_n_5532862.html 2015年2月11日閲覧。 
  3. ^ “ISISがイラクの勢力図を塗り替えつつある”. AFP通信. (2015年3月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3041245 2015年3月12日閲覧。 
  4. ^ a b “ティクリート南郊、一部制圧=対「イスラム国」-イラク軍”. 時事通信社. (2015年3月9日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015030900005&g=int 2015年3月12日閲覧。 
  5. ^ a b “イラクの対「イスラム国」奪還作戦…イラン主導”. 読売新聞. (2015年3月10日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150310-OYT1T50028.html 2015年3月12日閲覧。 

関連項目[編集]