ダイヤのジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レントゥーロフ「ギター持てる女」、1913年

ダイヤのジャックとは、1909年モスクワで結成された急進的な美術家集団の名前で、ロシア語では «Бубновый валет» という。グループ名は1910年展覧会に向けて、事実上の指導者であったミハイル・ラリオーノフによって考案された。

「ダイヤのジャック」の同人は、真に模範とするに足るのはポール・セザンヌただ独りで、その他の画家はブルジョワ趣味であり、余りにもくだらないと訴えていた。主要な同人には、ロベルト・ファリクアリスタールフ・レントゥーロフイリヤ・マシュコフアレクサンドル・クプリンピョートル・コンチャロフスキーが挙げられる。ただし、「第1回ダイヤのジャック展」の参加者で、ラリオーノフのほかに有名なのはナターリヤ・ゴンチャローワカジミール・マレーヴィチであり、その後の参加者で重要なのはレオポルド・シュルヴァージュである。

最終的に、グループの規範意識をめぐるメンバー同士の確執から、より急進的な「ロバの尻尾」が結成された。