ダイモスの日面通過

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火星探査車オポチュニティが2004年3月4日に撮影したダイモスの日面通過

ダイモスの日面通過(ダイモスのにちめんつうか)とはダイモス火星太陽のちょうど間に入り、火星から見るとダイモスが太陽面をその一部分を覆い隠しながら黒い円形のシルエットとして通過していくように見える天文現象である。日面通過の間、火星からはダイモスは太陽の表面を動きながら通過していく小さな黒い円盤のように見える。ダイモスは火星の周りを比較的高速で回っている(約30.3時間で一周している)ため、通常ダイモスの日面通過は1分から2分ほどで終了する。この現象は、ダイモスによる部分日食とも呼ばれる。

火星では、ダイモスの視直径は太陽の視直径の10分の1ほどしかない。また地球における金星の日面通過の際の金星の視直径と比較しても、その2.5倍ほどしかない。

火星探査機オポチュニティとスピリットによる写真[編集]

火星探査機オポチュニティ2004年3月4日に、ダイモスの日面通過を撮影した。また、火星探査機スピリットは2004年の3月9日3月13日にダイモスの日面通過を撮影した。

2004年3月4日のダイモスの日面通過[編集]

2004年3月4日に火星探査機オポチュニティによって撮影された、ダイモスの日面通過。上段の時刻は協定世界時、下段の時刻は撮影地点の地方太陽時

Deimos Mar 04 2004 from Opportunity 1.jpg Deimos Mar 04 2004 from Opportunity 2.jpg Deimos Mar 04 2004 from Opportunity 3.jpg Deimos Mar 04 2004 from Opportunity 4.jpg
3:03:43
10:28:17
3:03:53
10:28:27
3:04:03
10:28:36
3:04:13
10:28:46

2004年3月9日のダイモスの日面通過[編集]

2004年3月9日に火星探査機スピリットによって撮影された、ダイモスの日面通過。時刻は協定世界時。

Deimos Mar 09 2005 from Spirit 01.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 02.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 03.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 04.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 05.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 06.jpg
15:59:09 15:58:19 15:58:29 15:58:39 15:58:49 15:58:59
Deimos Mar 09 2005 from Spirit 07.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 08.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 09.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 10.jpg Deimos Mar 09 2005 from Spirit 11.jpg
15:59:19 15:59:29 15:59:39 15:59:49 15:59:59

2004年3月13日のダイモスの日面通過[編集]

2004年3月13日に火星探査機スピリットによって撮影された、ダイモスの日面通過。上段の時刻は協定世界時、下段の時刻は撮影地点の地方太陽時。

Deimos Mar 13 2004 from Spirit 1.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 2.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 3.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 4.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 5.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 6.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 7.jpg Deimos Mar 13 2004 from Spirit 8.jpg
0:04:27
13:54:11
0:04:37
13:54:20
0:04:47
13:54:30
0:04:57
13:54:40
0:05:07
13:54:50
0:05:17
13:54:59
0:05:27
13:55:09
0:05:37
13:55:19

関連項目[編集]

外部リンク[編集]