ダイムラー・ベンツ DB 602

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイムラー・ベンツ DB 602

ダイムラー・ベンツ DB 602Daimler-Benz DB 602)は、ダイムラー・ベンツ社により設計された航空ディーゼルエンジンである。本エンジンは液冷の正立V型16気筒エンジンであり、2隻のヒンデンブルク級飛行船に搭載された[1]

搭載機[編集]

展示中のエンジン[編集]

現存するダイムラー・ベンツ製DB 602がツェッペリン博物館フリードリヒスハーフェンに展示されている[2]

要目[編集]

(DB602)Gunston.[1]

  • タイプ:液冷 V型16気筒 航空用ディーゼルエンジン
  • ボア×ストローク:
  • 排気量:54.1 L (3,301 in³)
  • 全長:
  • 全幅:
  • 乾燥重量:1,976 kg (4,356 lb)
  • 圧縮比:
  • 動弁機構:
  • 燃料供給方式:
  • 過給機:
  • 馬力:984 kW (1,320 hp)
  • 排気量比出力:
  • 馬力重量比:0.5 kW/kg (0.3 hp/lb)

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Gunston 1989, p. 46
  2. ^ Zeppelin Museum Friedrichshafen www.zeppelin-museum.de (German language) Retrieved: 17 September 2009

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopaedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9

外部リンク[編集]