ダイノルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイノルフィン (dynorphin) は、オピオイド(内在性のアヘン類縁物質)の一種であり、ペプチドである。

プロダイノルフィン遺伝子 (Pdyn) がコードしており、前駆体タンパクが翻訳後にプロセシングを受けてダイノルフィンA、ダイノルフィンB、α-ネオエンドルフィン、β-ネオエンドルフィン、大ダイノルフィンが作られる。 なお、プロダイノルフィン遺伝子 (Pdyn) 産物である前駆体からは、ロイシン-エンケファリンも作られる。


関連項目[編集]