ダイナマイト砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイナマイト砲とは、圧縮空気でダイナマイトの詰まった砲弾を飛ばす火砲1880年代から20世紀の初めまで使用されていた。 この兵器を推進したエドモンド・L・G・ザリンスキー中尉にちなんでザリンスキー砲と呼ばれることもある。

概要[編集]

シムス・ダッドリー4インチダイナマイト野砲

1883年オハイオ州の発明家がニューヨークのフォート・ハミルトン陸軍基地へ持ち込んだ試作品が始まりで、この当時はダイナマイトが実用化した直後で砲弾の炸薬は黒色火薬が使用されており、TNT下瀬火薬などが発明される前の時代であった。 ダイナマイトの威力は黒色火薬よりもはるかに大きかったが、衝撃で爆発しやすく砲弾にダイナマイトを装填して撃ちだすことは不可能だった。 そこで、砲弾に衝撃を与えないように容器に貯蓄した圧縮空気を用いてダイナマイトの塊を飛ばす兵器がダイナマイト砲であった。 アメリカ陸軍ではシムス・ダッドリー4インチダイナマイト野砲として量産配備された。

ヴェスヴィオスの船内
ヴェスヴィオスに搭載されたダイナマイト砲の砲口部分

アメリカ海軍では口径15インチ三連装ダイナマイト砲を主兵装としたダイナマイト巡洋艦のヴェスヴィオス(en:USS Vesuvius (1888))が建造された、1899年スペインとの戦争で使用されたが、砲が船体に固定されていて照準が行えず、まったく命中しなかったため一隻で打ち切りになった。 ホランド (潜水艦)にも搭載されていた。

外部リンク[編集]