ダイナフォーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイナフォーマー
英字表記 Dynaformer
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1985年4月1日
死没 2012年4月29日(27歳没)
Roberto
Andover Way
母の父 His Majesty
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 H. Joseph Allen
馬主 Paul Lynn
調教師 D. Wayne Lukas(アメリカ)
競走成績
生涯成績 30戦7勝
獲得賞金 671,207ドル
テンプレートを表示

ダイナフォーマー (Dynaformer) はアメリカ合衆国ケンタッキー州で生産、調教された競走馬および種牡馬である。

経歴[編集]

1987年から1989年まで現役を続け、30戦7勝。1988年にジャージーダービー、ディスカバリーハンデキャップとG2競走を2勝している。また、1989年には一般競走(キーンランド競馬場12ハロン)で2分32秒06というコースレコードで優勝している。

1990年から地元ケンタッキー州のスリーチムニーズファームで種牡馬入りした。2006年ケンタッキーダービー優勝馬バーバロを筆頭に多くの活躍馬を輩出しており、2000年以降のロベルト系の中ではかなり活力のある種牡馬である。しかし、活躍馬が牝馬に偏っており、数少ない牡馬の活躍馬であった前述のバーバロはレース中の故障が元で死亡して種牡馬になれなかったことも響き、確固たる後継種牡馬を残せていない。また、アメリカで繋養されているが、芝での活躍馬が多いため、特に後年はヨーロッパを主戦場とし、現地で繁殖入りする産駒も目立っている。このほか、障害競走でも、グランドナショナルハードル5連覇のマクダイナモを出している。下記の通り日本にも馴染み深い血統だが、日本ではオープン級の馬を数頭出す程度にとどまっている。

2012年4月14日に心臓に異常が見つかったため種牡馬を引退したが[1]、それから間もない4月29日に息を引き取った[2]。種牡馬引退時点で大動脈弁破裂で心臓に複数の穴が空き、すでに手の施しようがない状態だった。遺体はラーイワイルドアゲインらが眠る、スリーチムニーズファームの墓地に埋葬された。

主な産駒[編集]

2007

血統表[編集]

ダイナフォーマー血統ロベルト系 / Blue Larkspur 5×5=6.25%(父内)、Sir GallahadBull Dog) 5×5=6.25%(父内)、Nearco 5×5=6.25%(父内)、Hyperion 5×5=6.25%(母内))

Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason
1958 黒鹿毛
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Sword
Galla Colors
Bramalea
1959 黒鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Rarelea Bull Lea
Bleebok

Andover Way
1978 鹿毛
His Majesty
1968 鹿毛
Ribot Tenerani
Romanella
Flower Bowl Alibhai
Flower Bed
On the Trail
1964 鹿毛
Olympia Heliopolis
Miss Dolphin
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale F-No.4-r

血統背景[編集]

母・アンドーヴァーウェイはトップフライトハンデキャップ(米G1)優勝馬。また、本馬は日本で種牡馬として成功したブライアンズタイムとかなり似通った血統構成となっている。父は同じロベルト、母の父・ヒズマジェスティはブライアンズタイムの母の父・グロースタークの全弟、曾祖母・ゴールデントレイルはブライアンズタイムの祖母である。他にも近親に二冠馬エアシャカールとその半姉エアデジャヴー、エアデジャヴー産駒のエアシェイディエアメサイア兄妹、サンシャインフォーエヴァーなど日本と縁のある馬が多い。

注釈[編集]

  1. ^ Dynaformer Pensioned After 'Cardiac Event'”. BloodHorse.com (2012年4月16日). 2012年4月20日閲覧。
  2. ^ Prominent sire Dynaformer dead at 27

外部リンク[編集]