ダイナソープラネット (テレビ作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『ダイナソー・プラネット』(Dinosaur Planet)は2003年にディスカバリーチャンネルが制作したドキュメンタリー番組である。

内容[編集]

全4エピソード。白亜紀後期カンパニアンの世界を描いている。エピソードごとに主役級の恐竜を設定し、彼らに焦点を合わせつつ、共に生息する他の恐竜・古生物の生態、その時代の自然環境を再現している。なお本作では各話ごとに三回、古生物学者スコット・サンプソンがその物語に登場する恐竜の解説を行った。 2007年には『世界まる見え!テレビ特捜部』でも放映された。

エピソード [編集]

鳥類の祖先 ベロキラプトル(英語タイトル White Tip's Journey)[編集]

8000万年前のモンゴルが舞台となっている。他の群れに仲間を皆殺しにされた雌のベロキラプトル「ホワイトチップ」が新たな仲間を見つけ、子供を授かるまでの物語。

登場する動物

サルタサウルスの成長(英語タイトル Alpha's Egg)[編集]

舞台は8000万年前のパタゴニア。雌のサルタサウルス「アルファ」の生まれてから15歳になって初めての産卵に向けての冒険を描いている。

登場する動物

ピロラプトルの漂流記(英語タイトル Pod’s Travels)[編集]

舞台は8000万年前のヨーロッパ。近く活動によって発生した津波に巻き込まれ、故郷の「グレート・アイランド(今の南ヨーロッパ)」からルーマニアのハツェグ島に流された雄のピロラプトル「ポッド」が自分の仲間を探し、小型化した恐竜の島で冒険を繰り広げる。

登場する動物

絶滅した狩人 ダスプレトサウルス(英語タイトル Little Das' Hunt)[編集]

舞台は7500万年前のモンタナ州。遊び半分で群れから抜け出したマイアサウラの兄妹バックとブレーズを狙う若い雄のダスプレトサウルス「リトル・ダス」とその家族だったが、突如エルクホーン山脈が噴火し、彼らに襲いかかる。

登場する動物

外部リンク及び参考文献[編集]

ディスカバリーチャンネルDVD - 角川カルチャー・クラブ