ダイナスティカップ1992

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイナスティカップ1992
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 1992年8月22日 - 8月29日
チーム数 (1連盟)
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝 日本の旗 日本 (1回目)
準優勝 韓国の旗 韓国
3位 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
4位 中華人民共和国の旗 中国
大会統計
試合数 7試合
ゴール数 19点
(1試合平均 2.71点)
総入場者数 280,000人
(1試合平均 40,000人)
得点王 日本の旗 高木琢也(4点)
最優秀選手 日本の旗 三浦知良
 < 19901995

ダイナスティカップ1992は、1992年8月22日から8月29日にかけて、中国北京で開催された第2回目のダイナスティカップである。

概要[編集]

優勝は日本で、これが日本代表にとって海外での国際大会における初の優勝である。

なお、この大会中の8月24日に参加国である中国と韓国が国交を樹立し、その2日後の8月26日にこの両国が対戦した。

結果[編集]

グループリーグ[編集]

チーム
1 日本の旗 日本 3 2 1 0 6 1 +5 5
2 韓国の旗 韓国 3 1 2 0 3 1 +2 4
3 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 3 0 2 1 4 7 −3 2
4 中華人民共和国の旗 中国 3 0 1 2 2 6 −4 1


1992年8月22日

韓国 韓国の旗 0 - 0 日本の旗 日本 北京工人体育場北京
観客数: 50,000人

1992年8月22日

中国 中華人民共和国の旗 2 - 2 韓国の旗 韓国
観客数: 55,000人
Xu Hong 65分にゴール 65分
高洪波 89分にゴール 89分
Choi Won Nam 41分にゴール 41分
金鍾成 75分にゴール 75分


1992年8月24日

中国 中華人民共和国の旗 0 - 2 日本の旗 日本 北京工人体育場北京
観客数: 60,000人
福田正博 38分にゴール 38分
高木琢也 82分にゴール 82分

1992年8月24日

韓国 韓国の旗 1 - 1 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
観客数: 60,000人
洪明甫 22分にゴール 22分 Choi Yong Son 89分にゴール 89分


1992年8月26日

北朝鮮 朝鮮民主主義人民共和国の旗 1 - 4 日本の旗 日本 北京工人体育場北京
観客数: 20,000人
金鍾成 13分にゴール 13分 福田正博 33分にゴール 33分
高木琢也 35分にゴール 35分46分
三浦知良 74分にゴール 74分

1992年8月26日

中国 中華人民共和国の旗 0 - 2 韓国の旗 韓国
観客数: 20,000人
Park Hyun Yong 21分にゴール 21分
洪明甫 81分にゴール 81分


決勝[編集]


1992年8月29日

日本 日本の旗 2 - 2 韓国の旗 韓国 北京工人体育場北京
観客数: 15,000人
中山雅史 83分にゴール 83分
高木琢也 96分にゴール 96分
Jung Jae Kwon 32分にゴール 32分
Kim Jeong Hyeok 97分にゴール 97分
    PK戦  
4 - 2  

優勝国[編集]

 ダイナスティカップ1992優勝国 

日本
初優勝

表彰[編集]

受賞者 備考
大会MVP 日本の旗 三浦知良 優勝
得点王 日本の旗 高木琢也 4得点

外部リンク[編集]