ダイナカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイナカール
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1980年5月10日
死没 1999年4月15日
ノーザンテースト
シャダイフェザー
生国 日本北海道白老町
生産 社台ファーム白老
馬主 (有)社台レースホース
調教師 野平好男(美浦
高橋英夫(美浦)
競走成績
生涯成績 18戦5勝
獲得賞金 1億8909万6500円
テンプレートを表示

ダイナカールは、日本競走馬。第44回優駿牝馬の優勝馬である。主戦騎手岡部幸雄1982年最優秀3歳牝馬1983年最優秀4歳牝馬

馬齢は、旧表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

1982年10月、東京競馬場でデビュー。ダート1200メートルの新馬戦を5馬身差で勝利すると、芝に替わっての400万下特別戦、中山の3歳牝馬ステークスと3連勝を飾った。

明け4歳となった1983年の初戦は、クイーンカップだった。そのスピードから後に「天才少女」と呼ばれるダスゲニーから大きく離された5着に終わった。次走の桜花賞トライアル4歳牝馬特別は、岡部が自厩舎の馬に騎乗しなくてはならないため、東信二が手綱を取った。前走の大敗から人気を落としたが、ダスゲニーを半馬身差まで追い詰める2着と好走した。 復調気配を見せた事から、本番の桜花賞は1番人気で迎えたが、折からの雨で馬場状態は不良、この条件下でのスタートでの出遅れは致命的であり、大外から追い込んだものの、勝ったシャダイソフィアから0秒1差の3着に敗れた。

続く優駿牝馬は鞍上に再び岡部を迎えて臨んだ。単枠指定され、人気はダスゲニーに次ぐ2番人気だった。 シャダイソフィアは、東京優駿に向かったため不在だった。ダイナカールは、道中は好位につけ、直線で早めに先頭に立ったメジロハイネとの競り合いに持ち込んだ。少し遅れて、レインボーピット、タイアオバが外から次第に差を詰め、さらに大外からはジョーキジルクムが猛然と追い上げた。残り50メートルで5頭が横一線となり、そのままゴール、長い写真判定の末、勝ったのはダイナカールだった。1着から5着までの着差はハナ・アタマ・ハナ・アタマで、タイム差無しという史上に残る接戦だった。

夏を休養にあてた後、秋初戦のセントライト記念は、優駿牝馬3着のメジロハイネに2着に敗れた。続くローズステークスロンググレイスの3着に敗れ、エリザベス女王杯は回避した。その後、オープン特別のターコイズステークスを1番人気に応え順当に勝利した勢いで有馬記念に挑み、9番人気という低評価ながら直線一気でリードホーユーの4着と好走した。

5歳となっての初戦は目黒記念だった。1番人気に推されるも4着と敗れ、この後右前脚を骨折した。この年の秋に復帰したものの、勝ちきれないレースが続いた。6歳時の中山記念で3着とした後、再び故障箇所が悪化、長期休養を余儀なくされたが、1986年1月に7歳を迎えた事でそのまま引退する事となった。

引退後[編集]

引退後は、社台ファーム早来で繁殖牝馬となった。初年度の配合相手には、同世代の三冠馬であるミスターシービーが選ばれたが、双子を流産する。その後も活躍する産駒がなかなか現れなかったが、4番仔のエアグルーヴが母子2代となる優駿牝馬を制し、更には天皇賞(秋)も制してトウメイ以来の牝馬による年度代表馬を受賞し、母を越える大活躍を見せた。しかし、1999年トニービンとの種付け中の事故で動脈破裂を起こして死亡した。最後の産駒となったモノポライザーはオープン特別の若駒ステークスポートアイランドステークスを制している。

9頭の産駒のうち牝馬7頭は全て繁殖入りしている。その娘たちが産んだ孫世代からは、祖母・母共に勝てなかったエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴや、高松宮記念を制したオレハマッテルゼ香港クイーンエリザベス2世カップに優勝したルーラーシップなどの活躍馬が次々と現れている。さらに曾孫世代からも重賞競走優勝馬が輩出されており、牝系として隆盛しつつある。

年度別競走成績[編集]

備考[編集]

ダイナカールは、社台レースホースにとって初の八大競走の優勝馬である。1980代前半までは、共同馬主の馬は牧場の売れ残りで質が劣るといった偏見が強くあり、実際八大競走を制した馬もいなかった。これに対し、社台グループ総帥の吉田善哉自身は、アンバーシャダイやシャダイソフィアなどで大レースを次々と勝っていた為、1983年当時には、共同馬主クラブへの批判が頂点に達していた。そのような中でのダイナカールの優駿牝馬制覇は、共同馬主クラブへの偏見を解消させ、社台レースホースの会員が一挙に増加する等、後の社台グループ隆盛の一因となった。

繁殖成績[編集]

生年 馬名 毛色 戦績
第1子 1988年 カーリープリンス 鹿毛 パドスール 1勝(引退)
第2子 1990年 カーリーエンジェル 栗毛 ジャッジアンジェルーチ 0勝(引退・繁殖牝馬
第3子 1992年 セシルカット 栗毛 サンデーサイレンス 5勝(引退・繁殖牝馬)
第4子 1993年 エアグルーヴ 鹿毛 トニービン 9勝(引退・繁殖牝馬)
第5子 1994年 カーリーパッション 栗毛 トニービン 1勝(引退・繁殖牝馬)
第6子 1995年 エルフィンフェザー 鹿毛 サンデーサイレンス 3勝(引退・繁殖牝馬)
第7子 1996年 マリーシャンタル 鹿毛 サンデーサイレンス 4勝(引退・繁殖牝馬)
第8子 1997年 リングレット 黒鹿毛 トニービン 2勝(引退・繁殖牝馬)
第9子 1999年 モノポライザー 鹿毛 サンデーサイレンス 5勝、地方9勝(引退)

主なファミリーライン[編集]

  • 1:「f」は「filly(牝馬)」の略、「c」は「colt(牡馬)」の略。
  • 2:括弧内の競走名のうち、太字は国内限定を含むGI級競走。
ダイナカール 1980 f
|カーリーエンジェル 1990 f
||エガオヲミセテ 1995 f(4勝、阪神牝馬特別マイラーズカップ優勝)
||アドマイヤハッピー 1998 f
|||ウォータクティクス 2005 c(6勝、アンタレスステークス優勝)
||オレハマッテルゼ 2000 c(9勝、高松宮記念など重賞2勝、種牡馬)
|セシルカット 1992 f
||セシルブルース 2003 f
| |アイムユアーズ 2009 f(3勝、フィリーズレビュークイーンステークス連覇など重賞4勝)
エアグルーヴ 1993 f(9勝、天皇賞(秋)優駿牝馬など重賞7勝)
 |アドマイヤグルーヴ 2000 f(8勝、エリザベス女王杯連覇など重賞5勝)
 |サムライハート 2002 c(3勝、種牡馬)
 |フォゲッタブル 2006 c(4勝、ステイヤーズステークスダイヤモンドステークス優勝)
 |ルーラーシップ 2007 c(8勝、クイーンエリザベス2世カップなど重賞5勝、種牡馬)
 |グルヴェイグ 2008 f(5勝、マーメイドステークス優勝)

血統表[編集]

ダイナカール血統ノーザンテースト系 / Lady Angela4×3=18.75%(父内) Hyperion5×4×5=12.50% Nearco4×5=9.38%)

*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Lady Victoria
1962 黒鹿毛
Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah

シャダイフェザー
1973 鹿毛
*ガーサント
Guersant
1949 鹿毛
Bubbles La Farina
Spring Cleaning
Montagnana Brantome
Mauretania
*パロクサイド
Peroxide
1959 栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Feather Ball Big Game
Sweet Cygnet F-No.8-f

パロクサイドを祖とする牝系にはダイナカールのラインの他にマイルチャンピオンシップ優勝馬トウカイポイント東京優駿2着馬リアルバースデー、小倉3歳ステークス優勝馬ダンデイアポロなどがいる。

外部リンク[編集]