ダイアン・アーバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイアン・アーバス(Diane Arbus, 1923年3月14日 - 1971年7月26日)は、アメリカ写真家。旧姓はネメロフ(Nemerov)。

ニューヨーク州ニューヨークにてユダヤ系の家庭に生まれ、1940年代から主としてファッション写真をこなし、18歳で結婚した夫アラン・アーバスとともに、「ヴォーグ」、「ハーパース・バザー」、「エスクァイア」などの雑誌で活躍する。その後、フリークス(肉体的、精神的な障害者、肉体的、精神的に他者と著しく違いがある者、他者と著しく異なる嗜好を持つ者など)に惹かれ、次第に心のバランスを崩し、ニューヨークの自宅アパートのバスタブで自ら両手首を切って自殺した。享年48。

日本における主要展覧会[編集]

  • 1973年6月1日~13日の「ダイアン・アーバス写真展」(池袋・西武百貨店)が、日本における最初の展覧会

主要写真集[編集]

伝記[編集]

  • Diane Arbus: A Biography, Patricia Bosworth著 (邦訳『炎のごとく―写真家ダイアン・アーバス』、文藝春秋、1990年)
  • 『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート』Fur-an Imaginary Portrait of Diane Arbus
2006年、アメリカ製作、スティーヴン・シャインバーグ監督による映画。伝記映画ではなく、内容や登場する人物や状況はフィクションである。ダイアンをニコール・キッドマンが演じた。

関連項目[編集]

スタンリー・キューブリックの映画『シャイニング』では、ダイアン・アーバスの代表作、『en:Identical Twins, Roselle, New Jersey, 1967』からイメージが流用されている。