ダイアデム作戦戦闘序列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイアデム作戦戦闘序列(−さくせんせんとうじょれつ)は、1944年5月から6月にかけてイタリアグスタフ・ラインカッシーノ周辺)およびアンツィオで実行された「ダイアデム作戦」(Operation DIadem)に関与した主要部隊の戦闘序列である。本作戦では、連合軍ドイツ軍の守るグスタフ・ラインおよびアンツィオ包囲網を突破し、ローマ解放への道を切り開いた(モンテ・カッシーノの戦いおよびアンツィオの戦い参照)。

イタリア戦線

連合国イタリア方面軍[編集]

総司令官: サーハロルド・アレクサンダー大将

アメリカ第5軍[編集]

司令官: マーク・ウェイン・クラーク中将

アメリカ第6軍団(アンツィオ)[編集]

ルシアン・トラスコット少将

アメリカ第2軍団(グスタフ・ライン)[編集]

ジェフリー・キイス少将

フランス海外派遣軍団 (グスタフ・ライン)[編集]

アルフォンス・ジュアン大将

イギリス第8軍(グスタフ・ライン)[編集]

司令官: サー・オリバー・リーズ中将

イギリス第13軍団[編集]

シドニー・カークマン中将

カナダ第1軍団[編集]

エドソン・ルイス・ミラード・バーンズ中将

ポーランド第2軍団[編集]

ヴワディスワフ・アンデルス中将

イギリス第10軍団[編集]

サー・リチャード・マククリーリー中将

イギリス軍第5軍団(アドリア海沿岸戦線の維持)[編集]

チャールズ・ウォルター・オールフライ中将

予備軍[編集]

ドイツC軍集団[編集]

司令官: アルベルト・ケッセルリンク空軍元帥

軍集団予備[編集]

ドイツ第14軍(アンツィオ)[編集]

司令官: エーベルハルト・フォン・マッケンゼン大将(1944年5月末まで。以降はケッセルリンク直属)

ドイツ第1降下猟兵軍団[編集]

アルフレート・シュレム大将

ドイツ第76装甲軍団[編集]

トラウゴト・ヘル大将

ドイツ第10軍(グスタフ・ライン)[編集]

司令官: ハインリヒ・フォン・フィーティングホフ上級大将

ドイツ第14装甲軍団[編集]

フリードリーン・フォン・ゼンガー・ウント・エッターリン大将

ドイツ第51山岳軍団[編集]

ヴァーレンティーン・フォーイスタイン大将

ハウク集団(アドリア海沿岸戦線の維持)[編集]

フリードリヒ=ウィルヘルム・ハウク大将

予備軍[編集]

参考文献[編集]