ターミンジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ターミンジカ
ターミンジカ
ターミンジカ Cervus eldi
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
: シカ科 Cervidae
亜科 : シカ亜科 Cervinae
: Cervus
: ターミンジカ C. eldi
学名
Cervus eldi M'Clelland, 1842
和名
ターミンジカ
英名
Eld's deer
Thamin

ターミンジカCervus eldi)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)シカ科に分類されるシカ。

分布[編集]

インド北東部、カンボジアタイ中華人民共和国南東部、ベトナムミャンマーラオス

  • C. e. eldi マニプルターミンジカ

インドマニプル州

形態[編集]

体長150-170cm。尾長2-5cm。肩高114-130cm。体重95-150kg。眼の周囲や耳介の外縁、下顎は白い体毛で被われる。

蹄(主蹄)は長く、蹴爪(側蹄)も発達し主蹄と蹴爪の間が硬い。長い主蹄や主蹄と蹴爪の間が硬い部分により接地面が大きくなり、ぬかるんだ場所でも足をとられずに移動する事ができる。後肢の踵には臭腺(中足腺)がある。

夏季は背面が赤褐色、腹面が淡褐色の体毛で被われる。冬季には背面が暗褐色、腹面が白い体毛で被われる。幼獣は白い斑点が入る。

オスには前方に湾曲した弓状の角がある。角の長さは最大99cm。第1枝は左右へ湾曲し、第2枝は角幹のやや後方で分枝する。またオスの頸部には鬣状に体毛が伸長する。

分類[編集]

3亜種に分かれるとされる。

  • Cervus eldi eldi M'Clelland, 1842 マニプルターミンジカ

生態[編集]

湿原などに生息する。オスは単独、メスは群れを形成し生活する。泥浴びを好み、気温の高い日には森林へ移動する。

食性は植物食で、主にを食べるが木の葉、果実なども食べる。

繁殖形態は胎生。2-5月に交尾を行う。1回に1頭の幼獣を産む。授乳期間は42週間。オスは生後1年6か月-2年で性成熟する。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、角目的の乱獲などにより生息数は減少している。基亜種は1950年代に絶滅したと考えられていたが、1975年に再発見された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、84頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、42、153頁。

外部リンク[編集]