ターフェルムジーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ターフェルムジークTafelmusik)とは、16世紀および17世紀に、公的または私的な祝宴、あるいは戸外のイベントのバックで演奏されることを目的とする音楽形式のことを指す。また、その目的で作られた曲集の題名にも使われる。食卓の音楽テーブル・ミュージックともいわれる。

概論[編集]

ターフェルムジークの重要な作曲家としては、まずヨハン・シャインが挙げられる。シャインの曲集『音楽の饗宴』(1617年)は高い評価を受け、ミヒャエル・プレトリウスもその著書『音楽大全』(1619年)の中でターフェルムジークの事象について触れている。『音楽の饗宴』の中の曲は初期音楽アンサンブルによってまだ定期的に演奏されていた。

バロック期の作曲家ゲオルク・フィリップ・テレマンのおそらく最も有名な曲集の題名も『ターフェルムジーク』(1733年)である。テレマンのこの曲集は、J・S・バッハの『ブランデンブルク協奏曲集』と、ジャンルの多様さ、楽器の多種さを作曲家がどう処理したか、その力量を比較されたものだった。

ターフェルムジークは器楽か声楽のどちらか、あるいは両方で演奏することができた。他の目的のための音楽に較べて、いくらか軽いのが特徴だった。しかし18世紀には、ターフェルムジークの役割はディヴェルティメントに取って代わられた。

関連項目[編集]