ターダッキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こんがりと焼きあがった30ポンドターダッキン
ソーセージを詰め物にしたターダッキンを四分の一カットして中が見えるようにしたもの

ターダッキン(Turducken)はターキー(七面鳥)ダック(がちょう)を詰め、さらにチキン(鶏)を詰めて焼く、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部の料理。turkeyduckchickenカバン語であり、ポール・プルドーム商標を登録している[1]

起源[編集]

動物の中に他の動物を納めて調理する技法はengastrationと呼ばれ、中世ヨーロッパに起源があると考えられている[2]。たとえば18世紀にイギリスの富裕層の間では、七面鳥、ガチョウ、ニワトリ、ウズラ、ハトの5種を入れ子にしたヨークシャークリスマスパイが人気だった[3]。また革命期フランスの美食家グリモ・ド・ラ・レニエールはrôti sans pareilという鳥類17種を入れ子にした料理を紹介し、同様のものは古代ローマにも存在したと記している。

ターダッキンという名前の起源については、Maurice村のHebert's Specialty Meatsという店があげられている[4]

参考文献[編集]

  1. ^ 米国登録商標第1406947号
  2. ^ AMERICAN MORNING: Brutal Weather on Thanksgiving; Ukraine Being Torn in Opposite Directions – Transcript”. CNN (2004年11月25日). 2012年11月22日閲覧。 “The process is called engastration. That's not a very appetizing term for Thanksgiving, but an important one because basically what that means is that you're actually stuffing one animal inside the other. And that process actually probably dates back to the Middle Ages.”
  3. ^ Yorkshire Christmas Pie” (2011年12月20日). 2015年3月5日閲覧。
  4. ^ Turducken Town, Maurice, Louisiana” (2005年11月). 2015年3月5日閲覧。

関連項目[編集]