タージ・マハル旅行団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タージ・マハル旅行団(Taj Mahal Travelers)は、1969年に世界的な芸術集団フルクサスのメンバーであった小杉武久を中心に結成され、ジャズ、ロック、現代音楽などあらゆる音楽の要素を融合させた日本音楽集団ヴァイオリンダブルベースチューバトランペットマンドリンなどの伝統的な楽器を用いたが、演奏方法は非伝統的で、ディレイなどの電子エフェクターを使用し、すべて即興演奏で行われた。

メンバー[編集]

来歴[編集]

1969年小杉武久長谷川時夫、小池龍、永井清治、木村弘道、土屋幸 雄、林勤嗣 によって結成され、最初のセッションを消防会館で行う。「STATION 70」(東京)で毎週コンサート。 ロック・バンドとのライブからアート・ギャラリー、会館まで、多数のイベントに出演。

1971年6月「ユートピア&ビジョンズ」音楽祭・渡欧のためのコンサート(東 京・ 後楽園アイスパレス)。

テレビ出演「スタジオ2001」(NHKー1)

ラジオ出演「ポップティングプラザ・タージマハル旅行団」(FM東京)

1971年7~9月.パリ・コミューン100年祭・ユートピア&ビジョンズ展( ストックホルム現代美術館)で3ヶ月間、連日演奏。

1971年.9月~10月 ヨーロッパコンサートの旅(ストックホルム、ゲ−デルボルグ、コペンハ−ゲンブリュッセル、ロンドン)HAGAHUSET(ゲ−デルボルグ)で コンサート。ダグマ−劇場、モンマルトルジャズハウス(コペンハ−ゲン)でコンサート。(このツアーの後、主要なメンバーはワゴン車に乗って、中近東を経てインドタージ・マハルに至るまで11ヶ月間に渡って旅し演奏した。(その映像が後にDVDとして発売されている。)

ラジオ・ライブ録音(ブリュッセル・ラジオ、ラジオ・ブレーメン)。Amos Anderson Konstmuseum(ヘルシンキ)でコンサート。

1971年.11月.Young Vic Theatre (ロンドン)でコンサート。Nikolaj Church (コペンハーゲン)でコンサート

1971年.12月 ブリュッセル現代音楽祭参加。

1972年に、東京・赤坂草月会館ホールでのライブを、1st.アルバム『July 15, 1972』(CBSソニー)としてリリース。

1972年12月 テレビ出演BBC放送−Music fusionに出演。

1973年.8月.テレビ出演「題名のない音楽会」(NET-TV)

1973年.9月・ギャラリーMATO GROSSO (東京、新宿)で毎週コンサート開始(75.4まで)スリーポイント(東京、銀座)にて毎月コンサート(75.8まで)

1973年.10月.新潟県民会館でコンサート。

テレビ出演−インド音楽「NHK教育テレビ」、国際工業デザイナーズ会議(京都)で演奏。

1973年11~12月.ESPACE GRAUND コンサート(東京、有楽町)、東京大学、埼玉大学、上智大学、日大講堂でコンサート

1973年5月.日比谷野外ロックコンサートに参加 、「マンダラ」(東京、吉祥寺)にてコンサート

1974年5月 テレビ出演-宗教と音楽(NHK教育テレに)

1975年2月. テレビ出演−前衛音楽(NHK 教育テレビ)

1975年には、東京でのライブを、2nd.アルバム『August 1974』(日本コロンビア)としてリリース。

1976年頃、小池龍と土屋幸雄が宗教活動に入るのを機にグループを去り、小杉武久も脱退、その後グループは自然消滅的に活動を停止したが正式な解散はしていない。

ディスコグラフィー [編集]

アルバム

  • July 15, 1972 (1972) ※東京・赤坂草月会館ホールでのライブ盤
  • August 1974 (1975) ※1974年の東京でのライブ盤
  • Live In Stockholm 1971 (2008) ※1971年のオランダストックホルムでのライブ盤

オムニバス

DVD

  • 「旅」について(On "Tour") (2008) ※1971~72年、渡欧、中近東を経てインドまで11ヶ月間に渡って旅し演奏したドキュメント映像

参考文献[編集]

  • 「日本の電子音楽」川崎弘二著・大谷能生監修(愛育社)
  • 美術手帖 1973年6月号」特集:記号とメディア 小杉武久とタージ・マハル旅行団
  • 「集団即興音楽とオートポイエーシス: タージ・マハル旅行団を中心に」河合孝治著(TPAF)