タークス・カイコス諸島の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コロンブス以前[編集]

先コロンブス期におけるタークス・カイコス諸島の最初の住民はアメリカインディアンである。初めにアラワク族がいたが、彼らは徐々に好戦的なカリブ族に取って代わられた。

「発見」後の時代[編集]

1512年、この諸島を最初に見たヨーロッパ人は、スペイン人コンキスタドールフアン・ポンセ・デ・レオン(Juan Ponce de León)だが、それ以前に、クリストファー・コロンブスが1492年の航海でサンサルバドルと名付けた島の元々の名前、グアナハニ(Guanahani)は、この諸島のグランドタークス島かイーストケイコス島であるとする説もある。

スペインの奴隷商人は頻繁に島を侵略し、島のカリブ族を奴隷にした。発見されたわずか1年後には、すべての列島は完全に人口が減らされた。

植民地化以前[編集]

16世紀から18世紀の間、島はスペインフランスイギリスの統治下にされたが、どの国も植民地を創設しなかった。

およそ1690年から1720年まで、海賊がタークス・カイコス諸島の小島に隠れ、キューバイスパニョーラ島中米ペルーのスペイン領からスペインへ向かう途中の財宝を積んだスペインのガレオン船を攻撃した。

1681年、バミューダから塩の採掘者が来て最初の常設の開拓地をグランドタークス島に開くまでは、島は完全に植民地化されていなかった。塩の採掘者は、バミューダよりはるかに簡単な過程で塩を採掘できる、島の回りの浅瀬に惹かれた。彼らの植民地化は、現在まで続く島のイギリスの支配を確立した。塩の採掘の活動を弱める雨を防ぐために、大量の木が伐採された。タークス・カイコス諸島で採掘された塩の大半は、タラの保存に使用するため、ニューファンドランドに送られた。

バミューダの世紀[編集]

アメリカ独立戦争が終わった後、40人のロイヤリスト(王党派、英国王に忠誠を誓う英語系植民者)が、まずジョージア州サウスカロライナ州から到着した。彼らによって、農産業は1780年代終わりから島に普及された。アメリカの植民地を失った代わりための広大な土地をイギリス政府から与えられて、ロイヤリストたちは1000人以上の奴隷を輸入し広大な綿花畑を耕作した。

これは短期間できわめてうまくいったが、ハリケーン害虫が多くの作物を滅ぼし、綿の産業はすぐに衰退した。綿栽培のかつての実力者たちは、何名かは塩の採掘に鞍替えしたが、もともとのロイヤリストのほとんど全員は1820年には島を去ってしまった。残された奴隷たちは、魚釣りや狩猟採集の生活様式に戻り、生計を立てた。

タークス諸島をめぐって、バミューダは、18世紀の多くをバハマ(バミューダ人が入植した)との長引いた法廷闘争に費やした。イギリスの法律では、植民地はほかの植民地を所有することはできなかった。イギリスはタークス諸島を、植民地としても、またバミューダの一部としても認めておらず、例えばイギリスの河川のように、公共の所有物として考えていた。バハマは、タークスのバミューダ人季節労働者の活動への税制の拡張を頻繁に試みたが、この努力はバミューダ人に無視された。そこでフランス軍がバミューダ船を襲撃しても、バハマやジャマイカのイギリス海軍は彼らの援助には来なかった。1706年に島を占領したスペイン侵略軍を、その4年後に撃退するために一度戦ったこともあるバミューダは、結局ロンドンでの判決によってバハマを失った。1799年、バミューダの塩採掘人はバハマの権限をまだ認めていなかったが、諸島はバハマ議会での代表権を与えられた。最終的にバハマに統制を任命したのはイギリス政府だった。これによって、いずれにしても季節的な占有しかしていなかった多くのバミューダ人は、そこでの活動を捨てた。しかし、一人のバミューダ人の塩採掘者、メアリー・プリンス(Mary Prince)は、そこでのバミューダの活動の痛烈な記録を、「メアリー・プリンスの歴史」(The History of Mary Prince )に残すことになった。この本は、大英帝国での1834年の奴隷の解放を引き起こした奴隷廃止論の推進を助けた。

バハマ、ジャマイカ下での自治[編集]

島はバハマの一部のままであったが、1848年に住民が、ジャマイカ総督の監督下で分割された植民地にするよう陳情し、これに成功した。この協定は、財政の負担であることが分かり、1873年、タークス・カイコス諸島は、首長と立法府ともに、ジャマイカに併合された。ジャマイカの属国であった諸島は、ジャマイカ総督がまだ諸島の総督のままではあったが、1959年に自治権を獲得した。1962年8月にジャマイカがイギリスから独立すると、タークス・カイコス諸島は直轄植民地になった。1965年から、バハマ総督がタークス・カイコス諸島の総督も務め、諸島を監督した。バハマが、1973年に独立を果たすと、諸島は単独で総督を持った。

1973年以降[編集]

タークス・カイコス諸島の経済を支えていたのは、小規模な海綿の輸出とともに、主に製塩業だった。しかし、人口の増加がほとんどなかったので、経済は停滞した。1960年代、アメリカ人投資家が諸島に来て、プロヴォ島の滑走路の建設に資金を供給し、列島での最初のホテル、「ザ・サード・タートル」(The Third Turtle)を建てた。わずかな観光客の流れが島にも到着し始めて、塩の経済を補った。すぐ後に、地中海クラブ(Club Med)はグレース湾にリゾート地を設置した。1980年代、地中海クラブはより大きな航空機が着陸できる滑走路のアップグレードに投資して、それ以来観光産業は徐々に増加傾向にある。今日、外国のカップルにとってタークス・カイコス諸島で式を挙げるのは一般的になっている。

1980年、大多数を占める独立支持の党、人民民主運動(PDM)は、PDMが1982年の選挙で再選されたら、その年に完全独立を与えるとのイギリス政府の同意を得た。しかしPDMは選挙で、イギリスの継続した支配を支援する進歩国家党(PNP)に負けてしまった。PNP党首、ノーマン・ソンダース(Norman Saunders)は首相になり、1984年の選挙にも勝利した。しかし1985年、ソンダースと二人の仲間は、アメリカ合衆国で薬物所持容疑で有罪にされた。

続いて行われた補欠選挙においても、PNPは勝利したが、しかし1986年7月24日、ソンダースの後任の首相、ナザニエル・フランシス(Nathaniel Francis)に、放火と詐欺行為が見つかったと主張する報告を受け、他のPNPの4人の職員も統治に適さないとして、総督は政府を解散し、諮問委員会をその代わりに置いた。

総督と諮問委員会による注意深い指導のもと、タークス・カイコス諸島の新しい憲法が作られ、1988年に選挙が行われた。この時PDMが地滑り的に勝利を収め、ワシントン・ミシック(Washington Misick)が新首相になった。