タンピコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンピコ
Tampico
Tampicodenoche.JPG
位置
タンピコの位置の位置図
タンピコの位置
座標 : 北緯22度15分19秒 西経97度52分07秒 / 北緯22.25528度 西経97.86861度 / 22.25528; -97.86861
歴史
建設 1823年4月13日
行政
メキシコの旗 メキシコ
  タマウリパス州
 市 タンピコ
地理
面積  
  市域 92.73km2(35.8mi2
標高 10m(33ft
人口
人口 (2005年現在)
  市域 303,635人
    人口密度   4,338人/km2(11,235.4人/mi2
その他
等時帯 中部標準時UTC-6
夏時間 中部夏時間UTC-5
公式ウェブサイト : http://www.tampico.gob.mx

タンピコ (Tampico) は、メキシコ合衆国タマウリパス州基礎自治体である。

概要[編集]

タンピコはメキシコ湾に面するメキシコの主要な港湾都市の一つであり、メキシコ北東部の商業活動の中心である。面積は 92.73 km である。人口は2005年の人口調査によると303,924人であり、タマウリパス州では4番目の人口である。周辺都市を含めたタンピコ都市圏の人口は803,196人である。

タンピコ周辺には豊富な石油資源が存在する。タンピコ港はメキシコ最大の石油の輸出港であり、木材ウール、その他農産物の主要な輸出港である。なお、コンテナの取扱量は近くのアルタミラ港(タマウリパス州)の方が多い。

タンピコの名前の由来はワステカ語マヤ語族の一つ)で「カワウソの場所」を意味する tam-piko であるとされている。かつてタンピコ周辺のには大量のカワウソが生息していた。

歴史[編集]

この地域には定住者が早い時期から存在し、1000年-1250年頃にはいくつかのワステカ (Huastec) の居住地が繁栄していた。1532年フランシスコ会のアンドレス・デ・オルモス神父がキリスト教布教施設を設立した。その後、1554年スペイン植民地のサン・ルイス・デ・タンピコが建設された。

海賊の襲撃により、住民はパヌコ川の南側への移住を余儀なくされたこともあった。特にラウレンス・デ・グラーフからは破壊的な略奪を受けた。

1823年、現在のタンピコ市が設立された。

メキシコ革命最中の1829年8月、キューバよりやって来たスペイン軍がタンピコに侵攻した。同年9月、提督アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ(Santa Ana)指揮下の軍が、スペイン軍を降伏させ、メキシコの再支配下となった。その後、タンピコはメキシコ大統領ポルフィリオ・ディアスの施政下で発展を遂げた。

観光[編集]

アルマス広場
リベルター広場
ニューオーリンズ様式の建築物

タンピコの繁華街には様々な様式の建築物が混在している。例えば、リベルター広場周辺に多数存在するニューオーリンズの建築様式に影響を受けたバルコニーを持つ建築物、アルマス広場にある新古典主義建築の市役所、港にあるイギリス製の赤煉瓦で造られた税関などが挙げられる。ニューオーリンズ様式の建築物の普及は近年のことであり、初期のニューオーリンズ様式の建築物は、前もって作られた建築部材を輸入して組み立てる方式で建てられている。近年、アルマス広場やリベルター広場周辺のような歴史的な繁華街にある建築物が修理、改善され、より多くの観光客を引き付けるようになっている。

アルマス広場にある「無原罪の御宿り教会」として知られるタンピコ大聖堂は、コリントス様式の円柱と大きな3つのドアによる入り口を持つ新古典主義建築の建築物である。19世紀後半に建設され、幾度となく改修を繰り返し現在のような外観と内装になった。二つの塔を持ち、東側の塔は時計塔となっている。内部には壁画などの芸術作品があり、白いカッラーラ大理石製の祭壇が設置されている。

交通[編集]

航空[編集]

タンピコはメキシコの商用航空の発祥の地である。1824年、タンピコのGeneral Francisco Javier Mina 国際空港からメキシコシティメキシコ・シティ国際空港に向けて、メキシカーナ航空の飛行機がメキシコ初の商用飛行を行った。General Francisco Javier Mina 国際空港はメキシコで最初にILSを導入した空港である。

姉妹都市[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]