タンビュザヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンビュザヤ
Thanbyuzayat

သံဖြူဇရပ်မြို့
座標 : 北緯15度58分 東経97度44分 / 北緯15.967度 東経97.733度 / 15.967; 97.733
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
  モン州の旗 モン州
タンビュザヤ
Thanbyuzayat
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30

タンビュザヤThanbyuzayat) は、ミャンマー南東部のモン州にある町である。モーラミャインから南へ約65kmに位置する。第二次世界大戦中に突貫工事により完成し、多くの犠牲者を出し、「死の鉄道」として悪名高い泰緬鉄道建設において、ビルマ(ミャンマー)側の起点となった町である。町には日本軍が犠牲者を弔うために建てたパヤー(パゴダ)や、連合軍の兵士の墓がある。

泰緬鉄道の路線図

関連項目[編集]