タンディ・コーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タンディ・コーポレーション(Tandy Corporation)は、テキサス州フォートワースを拠点とし家族経営皮革製品を扱っていた会社で、フォートワースを拠点とするラジオシャックを購入して名前を与えた事でも知られている。タンディは1919年に皮革を供給する店として創業し、1963年に経営難に陥っていたラジオシャックを買収した。

2000年5月にTandyの名前は外され「ラジオシャックコーポレーション」が正式な社名になった。[1][2]

歴史[編集]

タンディは1919年、Norton Hinckley と Dave L. Tandyの2人の友人がHinckley-Tandy Leather Companyとして皮革とを扱う店として出発し、皮革や靴の部品を売り、靴の修理をフォートワースで行った。Tandyの息子の チャールズ・タンディ英語版第二次世界大戦によって靴が配給制になり、従来の事業が立ち行かなくなったので皮革製品の事業に参入して後に拡大して皮革や道具や財布のような製品を生産した。内紛の後、Hinckleyの名前が外れ、1963年にTandyに変わり、ラジオシャックを購入した。後に電子以外の事業を全て売却した。(なお皮革製品の商売は継続され、2000年にはThe Leather Factoryとひとつになり、Tandy Leather Factoryとなった。)

コンピュータ[編集]

タンディは、コモドール社やApple社と並び、パーソナルコンピュータ革命を始めた会社のひとつである。タンディは、TRS-80 (1977年) やTRS-80 Color Computer英語版 (通称"CoCo"。1980年)などの家庭用コンピュータを世に出すことでその革命の担い手となった。

後に、コンピュータ製品としてIBM PCアーキテクチャのもの(IBM-PC互換機)を追加した。 それはTandy 1000英語版Tandy 2000英語版で、一体型のもので、IBM製より安かったのに音と画像はIBM製よりも優れていた。16色と3チャンネルの音と4色のCGAを可能としていたことで他社のIBM-PC互換機よりも優れていたのであった。タンディのIBM-PC互換機は長年に渡って、音や画像の性能で優れた製品、と位置づけられていた。(それがそうでもなくなるのは、1990年代にVGAグラフィックスカードSound Blasterサウンドカードが普及した後のことである)

タンディ社が 関係している/関係した ビジネス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお、イギリスでは「ラジオシャック」が以前から使用されていた。
  2. ^ UK Tandy stores sold to phone firm”. The Register (1999年1月26日). 2008年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]