タンジュン・ピナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンジュン・ピナン
Kota Tanjung Pinang
インドネシアの旗
Raja Haji Fisabilillah Monument.jpg
タンジュン・ピナンの市章
市章
座標 : 北緯1度50分 東経104度29分 / 北緯1.833度 東経104.483度 / 1.833; 104.483
行政
インドネシアの旗 インドネシア
  リアウ諸島州
 市 タンジュン・ピナン
市長 Hj. Dra. Suryatati A. Manan
地理
面積  
  市域 812.7 km2 (313.8 mi2)
人口
人口 (?年現在)
  市域 192,493人
    人口密度   7,681人/km2(19,873.7人/mi2
その他
等時帯 WIB(インドネシア時間) (UTC+7)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : http://www.tanjungpinangkota.go.id/

タンジュン・ピナンインドネシア語:Tanjung Pinang、または、Tanjungpinang)は、インドネシアリアウ諸島州における最大の都市であり首府である。人口は約19万人である。リアウ諸島の交易港である。ビンタン島に位置し、バタンシンガポールジョホールバルフェリースピードボートで往来できる。タンジョン・ピナンと表記される事もある。

歴史[編集]

マラッカ王国が、ポルトガルにより陥落させられた後、スルタンマフムッドが、ビンタンに亡命し、ポルトガルに対抗する基地とした以降の500年にわたり、この島は政治の中心を担ってきた。

行政[編集]

タンジュン・ピナンは、ビンタン島の中で最大の都市であり、行政の中心である。また、インドネシア、リアウ諸島州の首府である。

後に、ビンタンは、マレーシアの南部にあるジョホール王国の首都となった。この都市は、常にマレー人の指導的役割を果たしてきた。300年前にマラッカ王国が果たしてきたように、ビンタンは、交易港であり、地元やヨーロッパ人、インド人、さらに華人を引きつけ、受け入れてきたのである。

インドネシアの国民的英雄であるラージャ・ハッジ・フィサビリラハは、1784年オランダとの戦いの最中に死亡している。彼は、有名なマレー人の王で、タンジョン・ピナン沖のペニヤガット島に王宮を所持していた。

観光地[編集]

タンジュン・ピナンには、マレー音楽と舞踊を上演するセンターがある。このセンターは、定期的に催し物や他の企画を行っている。新しく仏教寺院が、タンジュン・ピナンの郊外のスンガランに位置している。

ペニヤガット島[編集]

リアウ王国の遺跡として、王宮や王墓が残されている。その中には、マレー語最初の文法書を著したラージャ・アリ・ハッジの墓もある。マスジッド・ラヤは、王達の副モスクであったが現在でも使われている。世界遺産の候補とされている。[1]

ラージャ・ハッジ・フィサビリラハ記念碑[編集]

オランダとの戦いで1784年に死亡したラージャ・ハッジ・フィサビリラハ王は、国民英雄とされ、マレーの王の中でも有名であり、ペニヤガット島に王宮まで持っていた。この王を記念して28メートルの像が建てられていたが、現在はこの像は存在していない。

脚注[編集]

  1. ^ World Heritage Center: The Criteria for Selection

外部リンク[編集]