タレッジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Taleggio
Taleggio marchio.JPG
原産地: イタリア
区分: チーズ
生産地域: ロンバルディア州(ベルガモ、ブレシア、コモ、クレモナ、レッコ、ローディ、ミラノ、パヴィーアの各県)、ピエモンテ州(ノヴァーラ県)、ヴェネト州(トレヴィーゾ県)
DOP/IGP承認: Reg. CE n.1107/96
保護協会: Consorzio per la tutela del Taleggio

タレッジョ(伊語: Taleggio )は、北イタリアポー川流域にあるロンバルティア地方で生産されているDOP指定のチーズである[1][2]。名称は原産地のタレッジョ渓谷に由来している[3]

ウォッシュタイプのチーズであるため特有の強い匂いを有するものの、穏やかな口当たりと軽い酸味を持つ食べやすいチーズである[4][1]。イタリアのチーズには珍しい平たい正方形の形をしており、チーズの原産地が険しい渓谷であったため運搬時に効率よく積載する必要があり正方形に整形されたと言われている[4][5]。外皮はピンク色からオレンジ色であるが、熟成したものでは茶色がかった色になりアオカビが付くこともある[5][3]

5、6世紀頃からアルプスの遊牧民が作っていたストラッキーノと呼ばれるチーズを起源に持つ古いチーズであり、10世紀頃には既に作られていたとされているが[3][5]、この伝統的なチーズにタレッジョという名前がつけられ工場生産されるようになったのが第一次世界大戦の後のことであるため、比較的新しいチーズであるともされている[1]

製法[編集]

タレッジョは低温殺菌された牛の全乳を使用して作られる。32-35度程度に加熱した全乳に乳酸桿菌連鎖球菌を移植して成熟させた後レンネットを加えて凝固させ、得られたカードを米粒大に細分化する。細分化したカードは1辺20 cm程の正方形の型に入れ整形し乳清を抜いた後22-25度で8-16時間ほど放置する。その後、チーズを有害な微生物から守り独特の風味を与えるために、塩水もしくは塩を表面に加え熟成を行う。熟成は最短で35日間、通常40日程度熟成させる。熟成させている間は気温2-6度、湿度85-90%の環境に保ち、およそ7日毎にチーズの表面を塩水で洗浄する。このチーズの洗浄によってウォッシュチーズに独特な表皮のオレンジ色が形成される[6]

DOPによって指定された伝統的製法に従って製造しなければタレッジョの名称を使うことが出来ないため、乳の成熟に用いられる菌や凝固に用いられるレンネットは自然の物を用いなければならず、微生物から遺伝子組み換えで生産されたものを使用することはできない[6][5]

出典[編集]

  1. ^ a b c エンゾ・デッレア、高石鍈之助、村上信夫 『イタリア料理百科 1 前菜 野菜料理 果物 卵料理 パン/ポレンタ チーズ』 イタリア料理百科刊行会、1986年、234頁。
  2. ^ イタリアチーズDOP製品一覧”. イタリア貿易振興会. p. 2 (2010年12月31日). 2014年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c 本間るみ子 『チーズの選び方・楽しみ方厳選チーズカタログ113種』 主婦の友社、2003年、60頁。ISBN 4072387479
  4. ^ a b 本間るみ子 『チーズ: 種類・選び方・おいしい食べ方』 保育社、1997年、23頁。ISBN 458650899X
  5. ^ a b c d イタリアD.O.P.チーズの保護と背景-第2回All Japanナチュラルチーズコンテスト特別講演から-”. 農畜産業振興機構 (2000年). 2014年5月4日閲覧。
  6. ^ a b How to produce the Taleggio cheese”. Consorzio Tutela Taleggio(タレッジョチーズ保護協会). 2014年5月4日閲覧。