タルタ・デ・サンティアゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tarta de Santiago.jpg

タルタ・デ・サンティアゴ (スペイン語Tarta de Santiagoガリシア語Torta de Santiago) は、スペインガリシア州の有名なアーモンドケーキである。「聖ヤコブのケーキ」という意味で、中世に発明された。中身には、砕いたアーモンド、卵、砂糖等で作ったフィリングが詰められる。表面には、聖ヤコブの十字 (cruz de Santiago) を型抜いて粉糖がまぶされる。ケーキの名前はこれに由来する。

2006年のヨーロッパの日に行われたCafe Europeのイベントでは、スペインを代表する菓子に選ばれた。

1986年にポーランドワルシャワで行われたWorld Baked Goods competitionでは、23位になった。