タルジャの春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルジャの春
ジャンル ロマンス、コメディ
放送時間 毎週水、木曜 21:55 - 11:05
放送期間 2007年3月1日 - 2007年4月20日(22回)
放送国 韓国の旗 韓国
制作局 KBS
演出 イ・ジェサン
脚本 カン・ウンギョン
出演者 チェリム
イ・ミンギ
テンプレートを表示
タルジャの春
各種表記
ハングル 달자의 봄
漢字
発音 タルチャエ ポム
英題 Dal Ja's Spring /The Spring of Oh Dal Ja
テンプレートを表示

タルジャの春』(タルジャのはる)は、韓国KBSにて2007年1月3日から3月15日まで放送されたテレビドラマ。全22話。

日本では、BSジャパンにて2008年1月16日から放送され、2008年10月16日から再放送された。地上波では、フジテレビ韓流α枠にて2010年6月21日から放送され、同枠で2011年3月2日から再放送されたが、東北地方太平洋地震の影響で中断した[1]

あらすじ[編集]

ホームショッピング番組を制作する会社に勤めるタルジャ(チェリム)は典型的な仕事女。独立して、24坪のマンションと中古車を手に入れ、気付いたら33歳。そろそろ恋愛をしなくちゃと焦るも恋愛経験の全くないタルジャに近寄ってくる男は、番組プロデューサーで自由恋愛主義者のセド(コン・ヒョンジン)と、タルジャの理想を全て満たしながらも妻帯者のキジュン(イ・ヒョヌ)だった。傷心のタルジャが復讐のために300万ウォン払って雇った男は、イケメンで6歳若いカン・テボン(イ・ミンギ)。最初はまがままで生意気なテボンに振り回されっぱなしのタルジャだが、喧嘩しながらも契約恋愛が徐々に本物の愛へと…。果たして30代にしてタルジャに春は来るのか?恋愛コミックドラマ。

キャスト[編集]

声優[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出:イ・ジェサン
  • 脚本:カン・ウンギョン

サブタイトル[編集]

  1. 彼女を悩ますもの
  2. 恋愛も代行可能ですか?
  3. 運命の出会いはあるのか?
  4. 王子様は存在した!しかし…
  5. 不適切な関係に対処する彼女の姿勢
  6. ショー・マスト・ゴー・オン
  7. 人の心に大切なのは2%の湿度
  8. 愛情不足が負け犬女に与える影響
  9. レンガ1枚の重み
  10. そばに私たちがいるのを忘れないで
  11. 恋愛の作用と反作用の法則
  12. ロマンが美しい理由
  13. ハッピーバレンタイン トゥーユー!
  14. スーパーウーマンでなくても構わない
  15. 愛は春の雨のように心を濡らす
  16. 愛にも時には義理が必要だ
  17. 愛するが故に捨てるべき大切なこと1
  18. 愛するが故に捨てるべき大切なこと2
  19. 男としての生き方
  20. 女としての生き方
  21. 愛に不器用な人たち
  22. 春は訪れ花は咲く

注釈[編集]

  1. ^ 東北地方太平洋沖地震による影響で2011年3月11日の放送途中で打ち切り。2011年3月14日から2011年3月18日まで放送休止。

外部リンク[編集]