タモギタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タモギタケ
Pleurotus citrinopileatus in Chatama's home.jpg
分類
: 菌界 Fungus
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: ヒラタケ科 Pleurotaceae
: ヒラタケ属 Pleurotus
: タモギタケ Pleurotus cornucopiae var. citrinopileatus
学名
Pleurotus cornucopiae(Paulet) Rolland
var. citrinopileatus(Sing.) Ohira
シノニム

Pleurotus citrinopileatus (Sing.)

和名
タモギタケ
英名
golden oyster mushroom

タモギタケ(楡木茸、学名:Pleurotus cornucopiae var. citrinopileatus)はヒラタケ科ヒラタケ属キノコ。鮮やかな黄色の傘が特徴。ニレの倒木などにはえる。

特徴[編集]

担子器は密集して成長し、滑らかで乾燥している。傘は2cmから6cm程度で、色は明るい黄色から黄褐色。肉は薄く白い。味はまろやかで強い香りはない。柄は円柱状で表面色は白く、しばしば曲がっており、長さは2cmから5cm、直径は2mmから8mm程度。ひだは白く、間隔が狭く垂生する。胞子は円柱状か楕円状で、平滑であり、透明であり、でん粉質で、大きさは(6-9) × (2-3.5)マイクロメートルである。

生態と分布[編集]

他のヒラタケ類と同じく、木材腐朽菌である。野生下では、ニレの木に発生することが多い。胞子はオオキバウスバカミキリなどに広げられる。

ロシア東部、中国北部、日本などに自生する。北海道では一般的だが、本州以南では発生量が少ない。これはタモギタケが発生する樹種の分布域が北方よりであることによる。また、本州ではニレ属よりもトチノキの枯れ木や倒木に発生する。

学名、類似種[編集]

タモギタケの学名はPleurotus cornucopiae var. citrinopileatusのほか、シノニムPleurotus citrinopileatusなどが存在し、いずれもcitrinopileatusの語句が使われている。

タモギタケとPleurotus cornucopiaeは非常に類似しており、研究者によってはタモギタケをPleurotus cornucopiae変種と考えている[1]。学名のうちPleurotus cornucopiae var. citrinopileatusではPleurotus cornucopiaeの変種として扱っている。

食用[編集]

日本では北海道では一般的な食用キノコとして知名度があるが、本州以南では馴染みが薄い。近年では栽培品が本州のスーパーでも出回ることがある。鍋物味噌汁炒め物の具として用いる。

中国や台湾の中南部でも、「珊瑚菇」(shānhúgū)と称して栽培されている。中国での別名には「金頂蘑」、「榆黃蘑」、「玉皇蘑」などが、台湾での別名には「玉米菇」がある。中国や台湾では炒め物にすることが多いが、スープや鍋物の具にもされる。台湾ではエリンギの塩焼きを主力商品とする夜店の屋台で、塩焼きや天ぷらにして併売することも多い。ロシア極東ではiI'makと呼ばれており、食用種として人気な種のひとつである。

タモギタケは広く栽培されており、原木栽培も可能であるが通常、製粉クズ、米ぬか、わら、おがくずなどの培地で栽培される。ヒラタケ属は最も栽培の一般的な種であり、とりわけ中国では、栽培の簡易性と100gの培地から50g~70gのキノコが取れ、たんぱく質を多く含むなどの理由で多く栽培される。

主な産地[編集]

日本では東北地方や北海道の南幌町愛別町和寒町などで生産されている。台湾では中西部の彰化県南投県などで生産されている。

成分[編集]

タモギタケは成分的には老化防止剤の素になる。タモギタケのエキス剤は血糖低下効果から研究されており、高血糖のラットで血糖値を減少させている。脂肪減少薬品の原料としても研究されており、タモギタケと関連するヒラタケ類はコレステロール低下物質のロバスタチンを含むことが判明している。そのほかにも血圧上昇抑制作用や抗腫瘍作用などがあるとされる[2]

参照[編集]

  1. ^ Ohira, Ikuo (1990). “A revision of the taxonomic status of Pleurotus citrinopileatus. Reports of the Tottori Mycological Institute 28: 143–150. http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/society/47-0967.pdf. 
  2. ^ キノコ類”. 北海道経済産業局 バイオ産業課. 2011年10月9日閲覧。