タマン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネパールの民族分布

タマン族(たまんぞく 英:Tamang)はネパール民族

「タマン」という言葉は、チベット語で騎馬戦士のことをいう。タマン族は755年ごろ、チベットのトリソン王から国境警備のための警察官として派遣されたのが起源である。多くが、山岳民族で、トレッキングガイドも勤める。グルカ兵として英軍、印軍に参加するものもいる。タマン人はボン教ヒンドゥー教の要素の混じったチベット仏教を信仰し、タンバイスト信仰を持つ地区もある。僧侶には「ラマ」「ボンボ」「タンバ」がいる。 大部分のタマン人は他の民族との通婚を禁じているが、いくつかの部族は認めている。

英語版参考文献[編集]

India 78.40398E 20.74980N.jpg この「タマン族」は、南アジアに関連した書きかけ項目です。
記事を加筆・訂正
してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / ウィキプロジェクト 南アジア