タマスダレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タマスダレ
Zephyranthes candida
Zephyranthes candida
(2005年9月11日、大阪府
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバ ナ亜科 Amaryllidoideae
: ヒッペアストルム連(アマリリス連) Hippeastreae
亜連 : タマスダレ亜連 Zephyranthinae
: タマスダレ属 Zephyranthes
: タマスダレ Z. candida
学名
Zephyranthes candida
(Lindl.) Herb.[1]
英名
white rain lily、autumn zephyrlily、fairy lily、

タマスダレ(玉簾、学名: Zephyranthes candida)は、ヒガンバナ科クロンキスト体系ではユリ科タマスダレ属球根草。

和名の由来は、白い小さなを「」に、が集まっている様子を「」に例えたことによる。

別名のレインリリー(雨ユリ)とは、ゼフィランサス属及び近縁のハブランサス属英語版の総称であり、タマスダレだけの別名ではない。まとまった雨後に一斉に花茎を伸ばし開花することに由来する。また、タマスダレを「ゼフィランサス」ということもあるが、本来、ゼフィランサスは名であるので注意を要する。

形態・生態[編集]

は細長く状で濃緑色から直接出ている。

初秋に白いを咲かせる。1本の花茎に対して、花は1つだけである。

種子をほとんど作らない個体とよくつける個体が存在する。

球根の分球でよく増える。

葉や鱗茎リコリンというアルカロイド成分が含まれており、誤食すると嘔吐痙攣の症状をおこす。葉はノビルと間違いやすい[2]

分布[編集]

アルゼンチンウルグアイパラグアイラプラタ川流域及びチリペルー原産。日本には明治時代初期の1870年頃渡来し、日本の風土にも良く適応し、人里周辺に半野生化した群落が見られることがある。

日当たりさえよければ、乾燥地〜湿地まで生息できる。

人間との関わり[編集]

春先に球根が園芸店やホームセンターに出回る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Zephyranthes candida (Lindl.) Herb.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年8月16日閲覧。
  2. ^ 東京都福祉保健局. “タマスダレ”. 食品衛生の窓. 2014年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]