タマゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タマゴケ
Bartramia pomiformis (b, 152752-482425) 8592.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: マゴケ綱 Bryopsida
: タマゴケ目 Bartramiales
: タマゴケ科 Bartramiaceae
: タマゴケ属 Bartramia
: タマゴケ B. pomiformis
学名
Bartramia pomiformis
Hedw.
和名
タマゴケ
英名
Common Apple-moss[1]

タマゴケ (Bartramia pomiformis) は、タマゴケ目タマゴケ科に属するコケ植物。タマゴケ属の種の中でもっとも広範に分布する種である[1]

分布[編集]

日本を含む東アジア、シベリア、ヨーロッパ、北アメリカなどに分布する[2]

特徴[編集]

山地の土上や岩上に群落を形成する[2]。茎は高さ4-8cm、赤褐色の仮根を密につける[2]。葉は披針形であるが乾くと縮み、長さは4-6mm[1]。朔はほぼ球形で、長さ約1.5-2.5cmの朔柄の先につく[2]。朔の大きさは約2mm[1]

染色体数はn=8[2]

近似種[編集]

同属のコウライタマゴケ B. ithyphylla に似るが、コウライタマゴケのほうがやや大型で、乾いても葉が縮れないなどの違いがあるため区別できる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Atherton et al. (2010) p.630
  2. ^ a b c d e f 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.128

参考文献[編集]

  • Ian D.M. Atherton, Sam D. S. Bosanquet, Mark Llawley (2010) Mosses and Liverworts of Britain and Ireland: A Field Guide. British Bryological Society ISBN 978-0-95613101-0