タヒチシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タヒチシギ
Prosobonia leucoptera.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: タヒチシギ属 Prosobonia
: タヒチシギ
P. leucoptera
学名
Prosobonia leucoptera
和名
タヒチシギ
英名
Tahitian Sandpiper

タヒチシギ(学名Prosobonia leucoptera)は、チドリ目シギ科に属する鳥類の1種である。南太平洋フランスソシエテ諸島タヒチ島に生息していたが、すでに絶滅した。

全長15cmほど、体色は背中は褐色で、顎や腹は山吹色。山地の渓流で姿が見られたといい、1773年1777年に標本が採集されたが、現在残っているのは1体だけである。1777年以降見た者がなく、絶滅したと考えられている。原因については、特に乱獲されたという資料もなく、ヨーロッパ人によって移入されたブタに卵を食べられたことによるものとされている。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae
執筆の途中です この項目「タヒチシギ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類