タバール (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
INSTabar.jpg
艦歴
発注 1997年11月17日
起工 2000年5月26日
進水 2001年5月25日
就役 2004年4月19日
退役
その後
除籍
要目
排水量 基準 3,620トン
満載 4,035トン
全長 124.8m
全幅 15.2m
吃水 4.5m
機関 DS-71ガスタービン 2基
DT-59ガスタービン 2基
2軸推進、55,283PS
最大速 32ノット
乗員 180名
兵装 A-190E 100mm単装砲 1基
RBU-6000対潜ロケット12連装発射機 1基
SSMVLS 8セル
533mm連装魚雷発射管 2基
CADS-N-1 CIWS 2基
3S90 SAM単装発射機 1基
電子装置 MR-750フレガートMA 3次元レーダー
3Ts-25Eガルプン-B 長距離対水上レーダー
3R14N ミサイル射撃装置
MR-90オリェーフ ミサイル射撃装置
5P-10Eピューマ 砲射撃装置
BEL APSOH 艦首装備ソナー
SSN-137可変深度ソナー
戦術曳航ソナー
艦載機 Ka-28
Ka-31
HAL Dhruv
いずれか1機

タバール (INS Tabar, F-44) は、インド海軍フリゲートタルワー級フリゲートの3番艦。

艦歴[編集]

「タバール」は、ロシア軍艦SKR-23号として、バルチースキィ・ザヴォート(バルチック造船所)で建造され、2000年5月26日起工、2001年5月25日進水、2004年4月19日に就役ののちにインド海軍に引き渡され、「F-44 タバール」となる。

2008年、インド政府はソマリア沖の海賊対策のため軍艦の派遣を決定、本艦が送られることとなり、同年11月2日にアデン湾に到着し任務を開始した。

2008年11月18日にオマーンの沖合約530km地点で不審な船団を発見。海賊の母船の特徴と合致していたことから臨検のための停船を呼びかけたところ船団がこれを拒否、「タバール」に向け発砲してきたため主砲により反撃して撃沈する事件が発生した[1][2][3]。しかし同26日、国際海事局はインド海軍が「海賊船」だとして撃沈した船が、海賊に乗っ取られたタイの水産会社に所属するトロール漁船であると発表した[4]。この件についてインド海軍は事件の写真を公開し、相手が攻撃してきたため応戦したのであり、正当防衛であったと主張している。国際海事局は、インド海軍がこのタイ漁船ハイジャックされていると言う情報を受け取って居なかった可能性もあるとコメントしている[5]。この漁船に乗り組んでいたカンボジア人1人が救助され、タイ人1人が死亡、14人が行方不明になっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]