タニウツギ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タニウツギ属
Weigela hortensis 10.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: タニウツギ属 Weigela
学名
Weigela Thunb.
  • 本文参照

タニウツギ属(タニウツギぞく、学名:Weigela、和名漢字表記:谷空木属)はスイカズラ科の一つ。属名の Weigela は、ドイツの植物学者 Christian Ehrenfried Weigel (1748年 - 1831年)に因む。

特徴[編集]

高さ1-5mになる落葉低木-小高木で、が太い。は単葉で柄をもって対生し、縁に鋸歯があり、托葉はない。枝の先端か短枝の葉腋に散房花序をつけ、ふつう2-3のをつける。萼片は5個あり、基部まで5裂するか下部で合着する。花冠は長さ2-4cmの漏斗状で、先端は5裂し、裂片は幅広く、やや唇形またはほぼ放射相称になる。色は黄色、白色、淡紅色-濃紅色などがあり、白から紅色に変化する種もある。雄蕊は5個ある。

東アジアの特産で約12種あり、日本では次の9種が知られる。観賞用として、公園や庭などに広く栽培されている。

日本の種[編集]

  • ウコンウツギ Weigela middendorffiana (Carrière) K.Koch (シノニム:Macrodiervilla middendorffiana (Carrière) Nakai:ウコンウツギ属)
  • キバナウツギ Weigela maximowiczii (S.Moore) Rehder
  • オオベニウツギ Weigela florida (Bunge) A.DC.
  • ヤブウツギ Weigela floribunda (Siebold et Zucc.) K.Koch
    • フジサンシキウツギ Weigela x fujisanensis (Makino) Nakai
  • ケウツギ Weigela sanguinea (Nakai) Nakai
  • ツクシヤブウツギ Weigela japonica Thunb.
  • ハコネウツギ Weigela coraeensis Thunb.
    • ニオイウツギ Weigela coraeensis Thunb. var. fragrans (Ohwi) H.Hara
  • タニウツギ Weigela hortensis (Siebold et Zucc.) K.Koch
    • シロバナウツギ Weigela hortensis (Siebold et Zucc.) K.Koch f. albiflora (Siebold et Zucc.) Rehder
  • ニシキウツギ Weigela decora (Nakai) Nakai
    • アマギベニウツギ Weigela decora (Nakai) Nakai var. amagiensis (Nakai) H.Hara

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]