タチアワユキセンダングサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タチアワユキセンダングサ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類II Euasterids II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ハルシャギク連 Coreopsideae
: センダングサ属 Bidens
: B. pilosa
変種 : タチアワユキセンダングサ B.p. var. radiata
学名
Bidens pilosa L.
var. radiata Sch. Bip.[1]
和名
オオバナノセンダングサ、オオバナセンダングサ(大花栴檀草)、アワユキセンダングサ、タチアワユキセンダングサ(立泡雪栴檀草)
英名
romerillo
品種
  • ハイシロノセンダングサ B. p. var. radiata f. decumbens
  • マルバアワユキセンダングサ B. p. var. radiata f. indivisa

タチアワユキセンダングサ(立泡雪栴檀草、学名: Bidens pilosa var. radiata)は、キク科センダングサ属1年草もしくは多年草道端に生育する雑草

コセンダングサの数ある変種の中のひとつ。

特徴[編集]

草丈0.5-1.5mほど。

対生で、5枚の小葉からなる。

直径3cmくらいの白い舌状花と黄色い筒状花をつけた頭状花を、一年中開花させる。

分布[編集]

熱帯アメリカを原産地とし[2]、世界各地の熱帯亜熱帯外来種として分布している[3]

日本での外来種問題[編集]

日本では1840年代観賞用に導入されたが、1963年高知県で野生化が初めて確認された[2]。現在では、九州南部、沖縄諸島先島諸島小笠原諸島に定着している[3]

サトウキビ畑の強害雑草となる[4]ほか、在来種の植物と競争する可能性がある[2]。サトウキビ畑では積極的に除草が行われている。

外来生物法によって要注意外来生物に指定されている[2]。また、日本生態学会が選定した日本の侵略的外来種ワースト100に含まれている。

その他[編集]

沖縄県宮古島の一部では、宮古ビデンスピローサとして栽培されている。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 自然環境研究センター編著 『日本の外来生物 : 決定版』 多紀保彦監修、平凡社2008年、350-351頁。ISBN 978-4-582-54241-7
  3. ^ a b タチアワユキセンダングサ”. 侵入生物データベース ―外来種情報のポータルサイト―. 国立環境研究所. 2011年11月19日閲覧。
  4. ^ 石嶺(1991)p.97、ちなみにあとの3種はテリミノイヌホウズキナス科)・ツノアイアシタチスズメノヒエイネ科)。
  5. ^ 宮古ビデンスピローサってなに? http://www.bidenspilosa.info/

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]