タチアナ・リアブーシンスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1940年代のリアブシンスカ

タチアナ・ミハイロヴナ・リアブーシンスカロシア語:Татьяна Михайловна Рябушинскаяラテン文字転写の例:Tatiana Mikhailovna Riabouchinska1917年5月23日[1] - 2000年8月24日)は、ロシアのバレエダンサーである。なお、ロシア語名はタチヤーナ・ミハーイロヴナ・リャブシーンスカヤ

概要[編集]

生涯[編集]

モスクワロシア帝国の有名な実業一家リャブシーンスキイ家Рябушинские)に生まれた。父ミハイルは銀行家、母タチヤーナはボリショイ劇場のバレリーナであった。その後、娘タチヤーナもバレリーナを目指すところとなり、マチルダ・クシェシンスカヤに師事した。のち、フランスバレエ・リュス・ド・モンテカルロに参加し、プリマバレリーナとなった。

のちアメリカ合衆国に定住し、バレエ教師となった。彼女に教わった女優には、リタ・モレノアン・マーグレットジョーン・ウッドワードらがいる。

逸話[編集]

アメリカの作家レイ・ブラッドベリは、彼女をモデルに小説『かくてリアブチンスカは死せり』[2]を書いている。但し、作家がモデルとしているのは彼女の容貌と名前だけである。

脚注[編集]

  1. ^ 一説には1916年5月23日または5月24日
  2. ^ 参考吉田誠一訳、『よろこびの機械』蔵。

外部リンク[編集]