タタ・インディカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タタ・インディカ・V2(ヨーロッパ仕様版)
タタ・インディカ・ビスタ

インディカ(Tata Indica)は、インドの自動車会社、タタ・モーターズが製造・販売する、ハッチバック型の小型乗用車である。

インディカは2004年後半以降、ヨーロッパアフリカや、その他の諸国に輸出もされている。インディカは、初めてインド国内で開発された乗用車であるともみなされる。2008年夏の時点で、インディカは91万台以上が生産された[1]。2006年-2007年におけるインディカの年間販売台数は、144,690台であった。現行モデルの月間販売台数はおよそ8,000台程度である[2]

イギリスでは、インディカのバッジエンジニアリングモデルが、MGローバー・グループによって輸入され、ローバー・シティローバーとして販売されていたことがある。インディカの主な輸出先としては他に、南アフリカ共和国があげられる。

歴史[編集]

インディカは、1998年12月30日にデビューした。インディカは発売直後から人気となり、発売後2年でインドにおける同クラスでのベストセラーとなった。

インディカは5ドアの小型ハッチバック車であり、1.4Lのガソリンエンジン/ディーゼルエンジンを搭載する。エンジンは自社製であり、それ以前にピックアップトラックやSUVに搭載されていたものを改変したものである。

インディカでは、オプション装備として、エアコンやパワーウインドウを選択することができる。これらの装備は、インド市場では従来、高価な輸入乗用車のみにみられたものであった。発売から3年後にはヨーロッパ市場への輸出が開始された。イギリスではローバーブランドの「シティローバー」として販売されたが、2005年4月のMGローバー・グループ社の経営破綻に伴って販売終了となった。

インディカのエクステリア・デザインは、イタリアのデザイン会社、I.DE.A(イデア)とタタ・モーターズのデザイン部門との共同によるものである。

第1世代モデル[編集]

インディカ「V1」と「V2」と呼ばれるモデルに相当し、1998年から2008年まで製造・販売されている。

第2世代モデル(ビスタ)[編集]

「インディカ・ビスタ(Indica Vista)と呼ばれるモデルであり、2008年から現在まで製造・販売されている。

ビスタEV[編集]

2011年には、ビスタの電気自動車(EV)の登場が予定されている。

脚注[編集]

  1. ^ All-new Indica rolled out in city
  2. ^ Tata Motors sales jump 18 pc in July

外部リンク[編集]