タスマニアクジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タスマニアクジラ
ヒトとの大きさ比較
ヒトとの大きさ比較
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: アカボウクジラ科 Ziphiidae
亜科 : ツチクジラ亜科 Berardinae
: タスマニアクジラ属 Tasmacetus
: タスマニアクジラ T. shepherdi
学名
Tasmacetus shepherdi
Oliver1933
和名
タスマニアクジラ
英名
Shepherd's Beaked Whale

タスマニアクジラ(タスマニア鯨、Tasmacetus shepherdi)はハクジラ亜目アカボウクジラ科タスマニアクジラ属の珍しいクジラである。 海上における確かな目撃例もほとんど報告されておらず、座礁(ストランディング)による個体が28体報告されているのみである。

ほとんど研究されていないため、不明な点が多い。

タスマニアクジラ属 (Tasmacetus) はアカボウクジラ科に属するの一つ。タスマニアクジラ属に属するのはタスマニアクジラ1種のみである。

身体[編集]

体長は7m程度。口は長く先細、頭部のメロンは垂直に切り立ったような形状である。にはアカボウクジラ科で唯一、咀嚼する事が可能な形態のを持つ。背びれに似た形状で、前方から2/3程の場所に位置する。体色は、背側は濃い茶色あるいは黒、側面には斜めに明るい模様(パッチ)があり、腹側は明るい色である。

生息数と生息域[編集]

全生息数は不明である。生息域も判然としないが座礁、観察例は全て南半球に集中している。

2003年までに27個体の座礁が報告されている。 27個体の内訳は、ニュージーランドが20、アルゼンチンが3、Juan Fernándezが2、オーストラリアサウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島がそれぞれ1である。 2004年3月5日、ニュージーランドのワイタラ (en:Waitara)北部のタラナキ海岸 (coast of Taranaki) において、28例目となる座礁したタスマニアクジラがサーファーによって発見された。 この地点は1933年に最初の座礁が報告された海岸の近くである。

海上における生体の観察例は2例(ニュージーランドとセーシェル)が報告されている。

生態[編集]

群の大きさ、潜水のパターン、回遊の有無など、情報が不足しているために全て不明である。 情報が不足している理由であるが、人間を避けているのか、生息数が僅かなのか、それとも両方なのか、それも不明である。

保護[編集]

捕鯨の対象とはなっていない。 混獲の被害に遭っているという報告もない。

参考文献・外部リンク[編集]

  1. Thomas A. Jefferson, Shepherd's Beaked Whale in the Encyclopedia of Marine Mammals (1998). ISBN 0125513402
  2. Reeves et al., National Audubon Society Guide to Marine Mammals of the World (2002). ISBN 0375411410
  3. Carwardine, Whales, Dolphins and Porpoises (1995). ISBN 0751327816
  4. News report on 28th recording stranding(28例目の座礁に関するニュース。英文。リンク切れ