タスマニアオオザリガニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タスマニアオオザリガニ
Astacopsis gouldi Oxford museum specimen.jpg
タスマニアオオザリガニ
オクスフォード大学所蔵標本)
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : ホンエビ上目 Eucarida
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目)
Pleocyemata
下目 : ザリガニ下目 Astacidea
上科 : ミナミザリガニ上科 Parastacoidea
: ミナミザリガニ科
Parastacidae
: Astacoipsis
: タスマニアオオザリガニ
A. gouldi
学名
Astacoipsis gouldi
Astacopsis gouldi

(Clark, 1936)

和名
タスマニアオオザリガニ
英名
tasmanian giantlobstar

タスマニアオオザリガニ(学名Astacoipsis gouldi)は節足動物甲殻亜門軟甲綱エビ目ミナミザリガニ科に属するザリガニの一種。

分布[編集]

Astacopsis distribution.svg

和名英名で示すとおり、オーストラリアの南東に位置するタスマニア島の北西部の海岸よりの限られた冷温で清涼な水が流れる地域にのみ生息している。

特徴[編集]

本種は世界最大のザリガニであり、公式記録では体長76cm、体重4.5kgにも達したという。ザリガニのみならず、淡水産の甲殻類としては世界最大である。

全身は青黒く、ハサミも非常に大きく、ロブスターにも匹敵するほどである。平均体長は20-30cm、巨大な種では40cmほどになるが、生息環境の悪化と、乱獲によって絶滅が心配されている種である。

寿命は40年ほどとされ、節足動物全般の中でもかなり長寿の部類に入る。水温18℃以下の沈殿物のない低温水域に住む。

かつては本種も他のザリガニのように、現地の人々の食料にされていたと思われるが、現在は絶滅寸前の為に、捕獲は禁止されている。

種類[編集]

本種は3亜種に分かれ、本亜種A. g. gouldiの他に、A. g. tricorrnisA. g. frankliniiの3種が生息している。

参考文献[編集]

ジャパン・クレイフィッシュ・クラブ編 『世界のザリガニ』 マリン企画。