タケオカ自動車工芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有限会社タケオカ自動車工芸(タケオカじどうしゃこうげい)とは富山県富山市にあるミニカー、及び特殊車両の製造企業。もともとは看板製作会社であり、FRP成形を得意にしていた。光岡自動車の依頼でBUBUシャトル50を開発。その後、価格面で光岡自動車と折り合わず独自のミニカーを製造販売する。50CCミニカーの規制強化(普通免許を必要とすることなど)で他社が次々と撤退する中50ccミニカーを作り続け、近年は日本初の実用的な福祉型小型電気自動車「フレンドリー・エコ」を開発するなど積極的に活動している[1]。 利益の上がらないミニカー生産よりの撤退も模索されていたが、障害者ユーザーより「タケオカさんが作ってくれないと、我々が移動できなくなる」との声を受けて多品種・少量をオーダーメイドで生産している。特徴としては、オーダーメイドの手作りの為に、バーハンドル・手ブレーキ・手アクセル、左足ブレーキ・アクセル等、障害に程度に応じて操作できるミニカー作成を受けてくれる。 日本製高性能電気ミニカーとしての海外での評価は高く、半数近くが輸出用である。 近年では電気自動車の技術蓄積により、遊園地内での移動用多人数電気車両や、トンネル内点検用の電気自動車などの産業用車両を多く手掛け、日本国内では貴重な技術力の高いオーダーメイド車両メーカーへと経営が多角化している。


会社概要[編集]

  • 商号 有限会社タケオカ自動車工芸
  • 代表者 武岡栄一
  • 創立 1982年10月1日
  • 本社所在地 富山市安養寺504-1
  • 資本金 1000万円

歴史[編集]

  • 1981年 - ミニカーの製造、販売を開始する。
  • 1996年 - 北陸電力との共同開発、販売を開始する。
  • 1998年 - 新エネルギー財団の主催の第2回「新エネバンガード21」で「新エネルギー財団会長賞」受賞。
  • 1999年
    • 環境調査センターと日刊工業新聞の主催の第26回「環境賞」優良賞受賞。
    • 北陸電力と共に、環境庁「地球温暖化防止活動大臣賞」表彰。

現行の製品[編集]

T-10[編集]

2012年開発の電気自動車。 始めから電気自動車として開発させた為、車室をアビーベースのミリューより大型・重量化出来た。

T-10G[編集]

2013年開発の電気自動車。 T-10にガソリンエンジンを積んだモデル。

ミリュー[編集]

4輪ミニカー。鉛電池を使用して電動モーターを動力としている。航続距離は55km。家庭用電源で充電できる。Milieuとは、フランス語で「環境」のこと。

アビー キャロット[編集]

4輪ミニカー。原動機は4サイクルガソリンエンジン。

ジュータ[編集]

インド製のガソリンエンジン駆動、軽3輪ピックアップトラックを輸入販売

ルーキー EV-1[編集]

4輪の原動機付自転車。原動機はDC24Vブラシモーターなので、電気 自動車である。

ミリューR[編集]

ミニカー「ミリュー」の高性能版。出力の切り替えスイッチや、回生ブレーキなどが装備される。

フレンドリー・エコ[編集]

福祉型ミニカー「フレンドリー」の電気自動車版

REVA[編集]

インド製の電気自動車 REVA[2][3][4][5]を輸入販売。英語名「G-Wheel」としてテレビ番組トップギアで破壊され有名。

歴代の車[編集]

  • 1982年 - アビー
  • 1983年 - アビー(1型3輪車)
  • 1984年 - アビー(2型4輪車)
  • 1986年 - アビー(3型4輪車)
  • 1988年 - アビー(4型4輪車)
  • 1992年 - ドンキー(屋根付き4輪スクーター)

アビー 一型 [編集]

前二輪、後ろ一輪の3輪ミニカー。デフを持たない。 ワイヤブレーキ、バーハンドル。 原動機は2サイクルホンダ系ガソリンエンジン。 元々は障害を持っている方が雨でも外に出歩きたい、 スクーターに屋根が欲しいという要望を受けて開発されたもの。 三輪フルキャビンであった。

アビー 二型 ボックス [編集]

四輪ミニカー。原動機は2サイクルホンダ系ガソリンエンジン。 三型が発売されても継続受注生産されていたので、最終型は不明。 バンパー付きラダ―フレーム、バック付きデフ、 ヘッドライトの二灯化、大型フルキャビンにより車室が大幅に拡大された。 車重の増大に伴い、油圧ブレーキが採用された。 ラック&ピニオン式丸ハンドルとバーハンドルが存在する。 ただし、当時のスクーターの絶対的パワー不足により、動力性能は高くなかった。 余裕のある車室、充実した装備によりミニカーとしては異例のヒット作となる。

アビー 三型 スポーツ [編集]

四輪ミニカー。 原動機は2サイクルホンダ系ガソリンエンジン。(前期フラッシュ、後期DJ-1R) 二型ボックスをスポーティにリファインし、軽量化されたもの。 ボディのデザインがスポーティに大きく変わる。 二型のラダ―フレーム・デフを継承し、バンパーの廃止、 バイクホイール、バイクワイヤブレーキ、ヘッドライトの一灯化がなされる。 オプションでサンルーフが設定される。 が、免許制度の改定、及びユーザーのニーズに合わない車室の狭さから市場には受け入れられず、生産台数は少ない。 二灯のものも確認されている。

アビー 四型 前々期型 [編集]

四輪ミニカー。 原動機は2サイクルホンダ系ガソリンエンジン。(AF-18Dio) デフが変更され、それに伴いフレームが変わる。 二型・三型と比べて、トレッドが広く、ホイールベースが5cm短い。 バイクホイール、バイクワイヤブレーキ、一灯ヘッドライト。 一灯ヘッドライトで、合わせホイールドラムモデルも存在する。 キャビンは三型と比べて大幅に改善された。 三型からアビーキャロットへの過渡的なモデルの為、生産台数は少ない。

アビー キャロット 四型 前期型 [編集]

四輪ミニカー。 原動機は2サイクルホンダ系ガソリンエンジン。(AF-18Dio、AF-34Dio) 四型前々期型を熟成させたもの。 合わせホイール、専用ワイヤドラムブレーキ、二灯ヘッドライト。 これにより、エンジンパワーと車両重量に見合った 制動力を得られた為、完成度の非常に高いモデルとなる。 後期には、リヤクウォーターウインドウが追加され、 バック時の見切りが良くなる。 ロングセラーモデルとなった。

アビー キャロット 四型 後期型 [編集]

四輪ミニカー。 原動機は2サイクルホンダ系ガソリンエンジン(AF-34Dio)、 またはホンダ系水冷エンジン(AF57スマートDio?) ボディ金型が改良され、ボディデザインを変えずに、 後部が立ち上がったデザインとなり、荷室が広くなる。 これに伴い、車両重量が10kg増える。 合わせホイール、専用ワイヤドラムブレーキ。 油圧ブレーキになるまでのロングセラーモデル。

アビー キャロット 四型 後々期型 [編集]

四輪ミニカー。 原動機は空冷・水冷4サイクルガソリンエンジン。(AF57スマートDio、AF62、AF63?ヤマハJOG) 排気ガス規制により、ベースとなるスクーターが4サイクルとなる。 油圧ドラムブレーキとなり、制動力が大幅に改善する。 テールランプの形状が変更される。 エンジン以外は現行アビーキャロットと変更は無い。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.rikuden.co.jp/press/attach/02032501.pdf (PDF, 「車いすのまま一人で乗れて、一人で運転できる福祉型小型電気自動車の開発について」北陸電力)
  2. ^ REVA
  3. ^ のぶ的でんき自動車生活紀
  4. ^ 我が家にEV・電気自動車登場
  5. ^ うららkaブログ版

外部リンク[編集]