タクテクス (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タクテクスTactics)は2つの仮想国の軍隊間の戦闘を題材としたボード・ウォーゲームである。 商業的なものとしては最初の[1]ボード・ウォーゲームとして知られている。

米国メリーランド州Charles S. Robertsが1952年にデザインし、1954年に The Avalon Game Company の名義で自費出版[2]した。 当初のデザイン時にはマップが2枚であったが、出版時には1枚となった。

1958年にアバロンヒル社が設立された時に、タクテスクIIとしてリバイズ版が出版[3]された。

その後、1961年、1972年と再版され、さらに1983年には25周年記念版としてオリジナルのタクテクスが再版[4]された。

タクテクスは現在のボード・ウォーゲームでも標準的に使われる多くのシステムの先駆者となった。 例えば以下のようなものが挙げられる。

  • 個々の戦闘部隊をあらわす厚紙のカウンター
  • カウンターに別の数値として移動力と戦闘力を表示
  • オッズ比による戦闘結果表
  • いろいろな地形をあらわす升目
  • 升目毎に異なる移動コスト

ただし、マップに重ねあわされる升目は、後のボード・ウォーゲームで一般的となる六角形の升目(ヘクス)ではなく、正方形の升目であった。

脚注[編集]