タガンカ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タガンカ劇場Театр на ТаганкеTaganka Theatre) は、ロシアモスクワにある劇場。正式名称、タガンカ・モスクワ・ドラマ・コメディ劇場Mосковский театр драмы и комедии на ТаганкеMoskovskii teatr dramy i komedii na Taganke)。

沿革[編集]

1964年演出家ユーリ・リュビーモフ Yuri Lyubimovを中心に、ヴァフタンゴフ Yevgeny Vakhtangov劇場付属演劇大学の出身である若手俳優たちによって創設された。ベルトルト・ブレヒトの「壮大な劇場」Epic theater論の可能性も探った演劇運動でもある。

リュビーモフの下、タガンカ劇場はモスクワ随一の劇場に成長していった。さらにヴラジーミル・ヴィソツキーアーラ・デミドワ Alla Demidovaなどの名優達が劇場に置いて牽引役となった他、一座には、ヴァレリー・ゾロツーヒン Valery Zolotukhin、ヴェニアミン・スメホフ Veniamin Smekhov、レオニード・フィラートフ Leonid Filatov、ニコライ・エルドマン Nikolai Erdman1920年代フセヴォロド・メイエルホリドの下で活動)が参加した。

タガンカ劇場は、辛辣な現実批判をテーマとしたリュビーモフの演出から、ソビエト当局と先鋭な対立が絶えなかった。リュビーモフは、ソ連市民権を剥奪され、1984年国外追放され西側に亡命を余儀なくされた。

リュビーモフの追放後、舞台監督に就任したアナトリー・エフロス Anatoly Efrosは、劇場の所属俳優から白眼視され、罵倒された上、演出をボイコットされた。エフロスの死後、またぞろ、当局に忠実な人物であったニコライ・グベンコが舞台監督に就任した。しかし、ペレストロイカの進展により、1989年リュビーモフが帰国し、劇場に復帰した。グベンコは、一部の俳優とともに「タガンカ俳優協同組合」を結成し、離脱を余儀なくされた。

外部リンク[編集]

座標: 北緯55度44分37秒 東経37度39分14秒 / 北緯55.74361度 東経37.65389度 / 55.74361; 37.65389