タオ体道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タオ体道』(たおたいどう)は、ビデオシステム1993年に稼動をしたアーケード用2D型対戦型格闘ゲームロケテスト時は2ボタンで全キャラの必殺技の出し方がボタン溜め押しであったが、製品版では6ボタン式に改められた。

システム[編集]

すり抜け
相手の背後に回り込むのだが、隙が大きい。
体力ゲージ
体力ゲージは3本存在するが、1本失うと必ず気絶する。

登場キャラクター[編集]

ハリー(Harry)
探偵にして気功空手を使う冒険家。片目に傷を負っており、髪で隠している。
ミク(Miku)
合気体術を使う少女。お転婆な性格をしている。
チャック(Chuck)
気功術の使い手でチャン老師の弟子。
チャン老師(Chung)
強すぎるため、自ら両腕を封じた拳法家。双子の兄がおり、その兄がボスキャラクターをつとめている。
マーカム(Malcolm)
マーシャルアーツを使う軍人。『ソニックウィングス3』にも登場している。なお、同社から発売された『すくすく犬福』の犬福ファイトのゲームセンター背景でこの作品のゲーム画面が見られるが筐体に使用禁止を示す注意書きがされている。
ヒューイ(Huey)
気流忍術を使う忍者
パパ・ドミンゴ(Papa)
メキシコに伝わる拳法を使う中年男性。太っているように見えるが実は体を膨らませている。
ナホバ(Nahova)
クーという格闘術を使うインディアン