タウファアハウ・トゥポウ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タウファアハウ・トゥポウ4世Tāufaʻāhau Tupou IV1918年7月4日 - 2006年9月10日)は、トンガ国王(在位:1965年 - 2006年)。1965年から1991年までトンガ王国総理大臣を務めたファタフェヒ・トゥイペレハケFatafehi Tu'i Pelehake王子は弟。

シドニー大学法学を学んだ後に、1943年に母のサローテ・トゥポウ3世国王より教育大臣に指名、1944年には保健大臣になった。1949年からは首相となったが、1965年に母の死を受けて国王に即位した(母の喪が明けた1967年に正式に即位)。1976年には体重209.5kgを記録し、「世界一重い君主」としてギネスブックに登録された。後年は体重が半分になるまで減量したが、2006年ニュージーランドオークランドの病院で崩御した。

生前は親日家としても知られ、皇太子時代には5回日本を訪れている。トンガの教育にそろばんを導入したり、大相撲朝日山部屋力士を6名送り出すなどした。即位後もハラエバル・マタアホHalaevalu Mataʻaho ʻAhomeʻe王妃とともに複数回来日し、1973年11月には靖国神社に参拝、また1989年2月には昭和天皇大喪の礼に参列している。また、ロケでトンガを訪れていた桂小枝と面会している。

1958年大英帝国勲章1970年ロイヤル・ヴィクトリア勲章1977年聖マイケル・聖ジョージ勲章をそれぞれ受章している。

ハラエバル・マタアホ王妃との間に3人の王子・1人の王女があり、第1王子のトゥポウトア皇太子が王位を継承、ジョージ・トゥポウ5世となった。

かつて発行されていたトンガの通貨、パアンガ紙幣に肖像が使用されていた。