タウナギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タウナギ
Monopterus albus 2.jpg
タウナギ Monopterus albus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: タウナギ目 Synbranchiformes
: タウナギ科 Synbranchidae 
: タウナギ属 Monopterus
: タウナギ M. albus
学名
Monopterus albus
(Zuiew, 1793)
和名
タウナギ(田鰻)
英名
Swamp eel
Ricefield eel

タウナギ(田鰻、Monopterus albus)は、タウナギ目タウナギ科に属する淡水魚の一である。鰓弓内の粘膜を通じて空気呼吸を行うことで知られる。

名称[編集]

中国語では「鱔魚」(シャンユー、shànyú)、「鱔」、「黄鱔」(ホワンシャン、huángshàn)などと称す。後漢の『説文解字』には「鱓」(shàn)と記載されており、「鱔」は旁の「單」を同音の「善」に書き換えた異体字広東語には旁を「先」に書き換えた俗字もある。日本語では「鱓」がウツボの意味に転用された。

ベトナム語では lươn (ルオン)と称す。

特徴[編集]

タウナギにはがなく、ウナギヘビのような円筒状の体形で、先の細いと小さな眼を持つ。1メートル前後になることもあるが、通常は40センチメートルほどである[1]。背側は茶色あるいは緑褐色で、腹側は淡黄色あるいは薄茶色をしている。腹鰭胸鰭はなく、背鰭尾鰭尻鰭は癒合して縮小し、ひだ状になっている[1]。左右の穴は頭の下でつながっている。は大きくて伸長させることができる。上にも下顎にも小さいがある。

分布[編集]

主に水路水田などの温暖な淡水に生息する。

東南アジアから東アジア南部に広く分布し、インドマレー半島フィリピン中国(東部、南部、四川省[2])、朝鮮半島西日本に見られる[3]ほか、おそらくバングラデシュにも分布する[1]。後述するように、人為的移入により分布を広げている。

行動[編集]

夜行性で、クリークや水田のの水ぎわの泥に巣穴をあけ、昼は奥にひそみ、夜に泳ぎ出て、付近を遊弋して小魚や水生昆虫などをあさる捕食者である[4]。あぜや用水路に穴を掘るので灌漑に障害を与える例がある。低酸素の水中では鼻上げをし、空気呼吸を行う[4]

繁殖[編集]

タウナギは雌性先熟性転換を行う[5]日本および中国の個体群では、は巣穴の中に泡でできた巣を作り、はその中で育つ。雄は孵化までの間、卵に新鮮な空気を補充して保護を行う[5]。さらに、孵化後の仔魚を雄が口内保育することも知られている[5]。ただし琉球列島の個体群では、孵化後の口内保育は見られない[3]。また台湾(おそらく東南アジアも同様)の個体群では、卵はホテイアオイの根に産み付けられ、親の保護を必要としないことが報告されている[3]。この違いは、後述する遺伝的分化に対応している[3]

分類と移入[編集]

ミトコンドリアDNA塩基配列に基づく研究によれば、タウナギは少なくとも中国および(沖縄を除く)日本に分布するもの、南西諸島に分布するもの、そして東南アジアに分布するもの、という3つの集団に分けられ、それぞれは互いに遺伝的に異なっているため独立した 「種」であると考えられる[3]。これらの内訳をみると、日本に分布するものは中国に分布するものと同じ系統に含まれ、そのため中国大陸から人為的に移入されたものである可能性が高いとされる[3]。実際、1900年前後に朝鮮半島から奈良県に持ち込まれたという記録もある[4]。なお、台湾には東南アジアの系統のものと中国・日本の系統のものとがともに分布しており、いずれも人為的移入によるものかは定かでない[3]。 南西諸島に分布する個体群は、東南アジアのものとも中国・日本のものとも異なる系統に属している。このため、中国・日本の系統からは570万年以上前に分岐したと推定される[3]。したがって人為的移入は考えにくく、琉球には固有在来タウナギが生息しているということになる[3]ため、保護の必要性が指摘されている[6]

利用[編集]

黄鱔煲仔飯

中国、台湾では美味とされ、炒め物煮物から揚げなど広く食用にされる。血液が多いため肉は独特の黒い色で、日本ではほとんど食べる習慣がない。しかし東京都内など中国人の多い地域では販売されていることもある。

詩人袁枚は『随園食単』の「水族無鱗単」で、とろみスープの「鱔絲羹」、細切りの炒め物「炒鱔」、ぶつ切りの煮込み「段鱔」の3種の料理を記している[7]

現代の料理では、細切りの炒め物「炒鱔絲」、江蘇料理ごま油風味の甘い炒め煮「炒鱔糊」、浙江料理のから揚げ甘酢あんかけ「生爆鱔片」[8]寧波料理のエビと合わせた具の汁麺料理「蝦爆鱔麺」[9]広東料理土鍋飯台山黄鱔煲仔飯)、台湾料理台南の揚げ麺を使った麺料理「鱔魚意麺」などが著名。ぶつ切りでスープにする例もあるが、市場では捌いて売ることが多い。

ベトナム料理では、春雨スープにした「miến lươn」(ミエン・ルオン)や酸っぱいスープの「canh chua lươn」(カインチュア・ルオン)などの汁物にすることが多いが、バナナと共に蒸す「chuối om lươn」(チュオイ・オム・ルオン)などもある。

文化[編集]

中国のには「鱔魚黄澄泥」と呼ばれる、タウナギの腹の黄色に近い色のものがあり、呼び名に使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2010). "Monopterus albus" in FishBase. April 2010 version.
  2. ^ 李思忠、『中国淡水魚的分布区画』、pp230-231、1981、科学出版社、北京
  3. ^ a b c d e f g h i Matsumoto, S. et al. (2009). “Cryptic diversification of the swamp eel Monopterus albus in East and Southeast Asia, with special reference to the Ryukyuan populations”. Ichthyological Research 57 (1): 71-77. doi:10.1007/s10228-009-0125-y. ISSN 1341-8998. http://www.springerlink.com/content/r42j542326v067v4/. 
  4. ^ a b c 今谷信夫 「タウナギ―おとなしい侵略者」『日本の淡水生物 侵略と撹乱の生物学』 川合禎次、川那部浩哉、水野信彦、東海大学出版会、1980年、87-92頁。ISBN 4486005724
  5. ^ a b c 松本清二、岩田勝哉「タウナギの雄による卵保護と仔稚魚の口内保育 (PDF) 」 、『魚類学雑誌』第44巻第1号、1997年、 35-41頁、 ISSN 0021-5090NAID 10007304454
  6. ^ 琉球タウナギ 固有種だった 570万年前から独自進化”. 琉球新報 (2009年9月25日). 2010年12月4日閲覧。
  7. ^ 隨園食單·水族無鱗單” (中国語). 中文百科在线. 2012年3月11日閲覧。
  8. ^ 袁洪業、李栄恵、『浙江風味』、pp77-78、1995年、青島出版社、ISBN 7-5436-1263-1
  9. ^ 張生良 主編、『中国小吃搜索 引擎』pp236、2010年、山西経済出版社、太原、ISBN 978-7-80767-300-2