タウトヴィラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タウトヴィラス(1263年死去)はポラツク公、ダウスプルンガスの甥及びリトアニア国王ミンダウカスの甥である。タウトヴィラスは兄弟のエデヴィダスや叔父のヴィーキンタスと共同してミンダウカスに対する内戦を開始し、内戦はミンダウカスの戴冠で決着した。

1248年にミンダウカスは、タウトヴィラス、エディヴィダス及びヴィーキンカスを、征服しうる都市を維持できると約束してスモレンスク征服に向けて派遣した。3人はプロトヴァ川モスクワ公を打ち負かしたが、ウラジーミル・スーズダリ大公に敗北した。失敗の露見後にミンダウカスは3人の土地と財産を没収した。1249年初頭、タウトヴィラス、エディヴィダス、ヴィーキンタスはタウトヴィラスの姉妹と結婚していたダヌィーロ・ロマーノヴィチのもとに亡命した。彼等はミンダウカスに対抗するためにジェマイティヤリヴォニア騎士団ヴォルィーニ公ヴァスィーリコと同盟を形成した。内戦が勃発した。ダヌィーロとリヴォニア騎士団はミンダウカスに対する軍事遠征を組織する一方、タウトヴィラスはリガに赴いて1250年大司教から洗礼を受けた。

ミンダウカスは自らの戴冠の見返りとしてキリスト教の洗礼とリトアニア西部の放棄に同意することで同盟を妨害し、リヴォニア騎士団はミンダウカスの同盟者となった。1252年にタウトヴィラスとその残っていた同盟者は、時にはリトアニアの最初の首都とみなされるヴォルタのミンダウカスを攻撃した。攻撃は失敗し、タウトヴィラスの軍勢は自身の身を守るために今日のリエタヴァス市にあるヴィーキンタスの城に城に戻った。両側とも勝利を得られそうはなかったが、1253年にヴィーキンタスが死ぬとタウトヴィラスはハールィチへの亡命を余儀なくされた。そこでダヌィーロの成功しなかったボヘミアへの遠征に加勢している。1254年にダヌィーロはミンダウカスと和解し、タウトヴィラスはミンダウカスの優位を認め、封土としてポラツクを受けることで帰還した。

ポラツクを統治している間、タウトヴィラスの主な関心はダウガヴァ川沿いのポラツクからドニエプル川上部に至る通商路の確保であった。タウトヴィラスはナヴァフルダク公からヴィテブスクをどうにか奪っており、息子のコンスタンティナスはヴィテブスクの支配者になっている。ミンダウカスがトレニオタダウマンタスによって暗殺された後にタウトヴィラスはリトアニア大公の称号を望んだものの1263年にトレニオタの従兄弟によって殺害された。

参考文献[編集]

  • Simas Sužiedėlis, ed (1970-1978). “Tautvilas”. Encyclopedia Lituanica. V. Boston, Massachusetts: Juozas Kapočius. pp. 384. LCC 74-114275. 
  • (リトアニア語) Lietuvos valdovai (XIII-XVIII a.): enciklopedinis žinynas. Vytautas Spečiūnas (compiler). Vilnius: Mokslo ir enciklopedijų leidybos institutas. (2004). pp. 20–21. ISBN 5-420-01535-8. 

関連項目[編集]