タイ国立科学技術開発庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイ国立科学技術開発庁 (タイ語:สำนักงานพัฒนาวิทยาศาสตร์และเทคโนโลยีแห่งชาติ、タイ略語:สวทช.、英語:Thailand National Science and Technology Development Agency 英略称:NSTDA)は、タイ王国 内閣科学技術省監督下の独立研究所。1991年12月30日に設立され、タイ王国における科学全般の研究開発、技術移転、人材育成を担っている。タイ国家科学技術開発庁とも呼ばれる。

概要[編集]

タイ国立科学技術開発庁は、1991年科学技術開発法に基づき、タイ国家発展のために公的部門、民間部門を問わず科学技術の研究開発、発展の推進支援、調整を行う目的で設置された。実際の事業は1992年から開始され、もともと設置されていた3箇所の研究センター、タイ国立遺伝子生命工学研究センタータイ国立金属材料技術研究センターそしてタイ国立電子コンピューター技術研究センターを統合して発足した。その後、2003年タイ国立ナノテクノロジー研究センターの開設。2005年タイ技術管理センター2012年タイ有機プリンテッドエレクトロニクスイノベーションセンターを開設。2010年時点で1,803名の研究者が同庁に所属の研究施設で研究を行っている[1]

所在地[編集]

本部[編集]

111 อุทยานวิทยาศาสตร์ประเทศไทย ถนนพหลโยธิน ตำบลคลองหนึ่ง อำเภอคลองหลวง จังหวัดปทุมธานี 12120

ヨーティー・オフィス[編集]

73/1 ถนนพระรามที่ 6 แขวงทุ่งพญาไท เขตราชเทวี กรุงเทพฯ 10400

研究センター[編集]

  1. タイ技術管理センター(ศูนย์บริหารจัดการเทคโนโลยี、タイ語略:ทีเอ็มซี、Technology Management Center :TMC)‐2005年設立
  2. タイ国立遺伝子生命工学研究センター(BIOTEC)‐1983年設立
  3. タイ国立金属材料技術研究センター(MTEC)‐1986年設立
  4. タイ国立ナノテクノロジー研究センター(NANOTEC)‐2003年設立
  5. タイ国立電子コンピューター技術研究センター(NECTEC)‐1986年設立
  6. タイ有機プリンテッドエレクトロニクスイノベーションセンター(ศูนย์นวัตกรรมการพิมพ์อิเล็กทรอนิกส์และอิเล็กทรอนิกส์อินทรีย์ 、Thailand Organic & Printed Electronics Innovation Center/Consortium:TOPIC)‐2012年設立

庁監督下の機関および計画[編集]

  • タイランド・サイエンスパーク
  • ソフトウェアパーク・タイランド
  • タイ王国科学技術研究院基金計画(โครงการทุนสถาบันบัณฑิตวิทยาศาสตร์และเทคโนโลยีไทย (สบวท))
  • タイ青少年科学技術教育計画(โครงการพัฒนาอัจฉริยภาพทางวิทยาศาสตร์และเทคโนโลยีสำหรับเด็กและเยาวชน (JSTP))
  • タイ先端科学技術大学院大学パイロットプロジェクト(โครงการนำร่องสถาบันบัณฑิตศึกษานานาชาติ、英語:Thailand Advanced Institute of Science and Technology (TAIST) )
  • タイ政府情報技術サービス事務局(สำนักบริการเทคโนโลยีสารสนเทศภาครัฐ (สบทร./GITS))

諸外国との関連[編集]

同庁では大学、民間企業との研究開発連携の促進を目指しており、諸外国と盛んに共同研究、産学連携の締結を行っている。日本からは、諸企業体のほか、理化学研究所JICAJAXA東京大学東京工業大学広島大学長岡技術科学大学などが共同研究や連携協定を結んでいる。

関連事項[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.nstda.or.th/aboutus-nstda

外部リンク[編集]